2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 学校ごっこ | トップページ | 再び… »

こだわりを趣味として認める

ちょびは「とがりもの」マニアだ。いわゆる剣のような形のものを持ちたがる。

外にいれば落ちている枝やとがった葉っぱを物色するのに大忙し。遊具や遊んでいる他の子どもに目もくれず、もくもくと枝や葉っぱのとがり具合を振って確かめている。

普段は「ちょびくんってすっごくフツーじゃん」と自閉母ともだちから言われるのだが、そういうちょびの姿を見ると「…なるほど…」と納得してくれる(笑)。

しかし年中の夏頃から年長の4月ころまではこの「とがりモノマニアッぷり」がナリをひそめていた。もちろんうちで剣のおもちゃを持ち歩いたり、新聞紙やチラシで棒状のものを作ったりというスタンダードな遊び方はしていたが、「なにもかもをソッチへ無理やり持っていく」強引さはなくなり「ブームは去ったか?」と思っていた。しかしこの5月に入ってまたぶり返してきたのだ。

近頃、園にちょびを迎えに行くと必ず一人だけ帽子をかぶらずに手に持って尖らせている。ちょうどカラー帽のツバがトガリの先端になるようにうまい具合に丸め、うっとりと眺めているわけだ。当然先生の指示は耳に入らず、アイ先生もちょっとお困りの様子。

私は「あれっ?ちょびって黒組さんだっけ?みんな水組の帽子かぶってるのに、ちょびだけあたまが黒いよ。黒組さんだ~」と言ってみた。「ちょびは水組さんだよ~っ!」と怒って帽子をかぶった。「そう、帽子はかぶるものです」とルールでダメ押し。これでしばらくは大丈夫だろう。

だがやはりなにか「とがりモノ」に没頭したくなるような(せざるをえないような)理由があるに違いない。4月は年長になったという緊張感で一生懸命周りに合わせて無理をしていたのかも知れないし(ん~成長したわね~などとお気楽に思っていたけれど)、少しなれてきた今頃になって、ちょっと休憩を取りたくなったのかもしれない。

ここ1年ほどずっとお世話になっている作業療法士のTさんにこの件で聞いてみた。「園で何か急にストレスになるような変化はありましたか?」…とくになし。「で、ちゃんとやらなくちゃいけないことはできてるんですか?」…そういえば母の日の絵もちゃんと描いてたし、劇遊びに参加したり、畑の管理をしたり、給食当番をつとめたりという話も聞いているから、一応はできているみたい…。「じゃ、なにも問題ないですよね???」…

そう、そのとおり。とがりモノはちょびのこだわりであり、趣味なのだ。趣味を取り上げる権利は親にだってない。やるべきことをやって、その上で没頭することがあるのは、幸せなのかもしれないね。

いかにも自閉的なこだわりなのでついつい目の敵にしてしまうのだが、年少から年中にかけてのとがりモノブームの時には、なにを言ってもそれが手離せなくて、やるべきこともできなくて手を焼いたものだ。でも今はやるべきことは一応できている。そこまで成長したわけ。

そういえば困っていた当時、主治医の杉様に「とがりモノを常に手に持っていたがるので、他のことがなにもできない」と相談したら「無理やり取り上げずにポシェットに入れるとかしてずっと持ち歩いても支障がないようにしてあげれば?」とアドバイスを受け、いかにして手離させるかばかり考えていた私は衝撃を受けたのだった。

そう、お互いの文化の歩み寄り。ちょびだけに無理をさせず、かといってなんでも許すわけでもなく…。妥協点をさぐって生活しやすいようにしていくことが、自閉の子の育児の基本なのでした。Tさん、思い出させてくれてありがとう。このホームページみつけてくれた?

« 学校ごっこ | トップページ | 再び… »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとうございます。
リンクされるなんて思ってもなかったので緊張しました。
こんな私ですがよろしくお願いしますm(__)m

まんさなさん、ビッグママさん、コメントありがとうございます!お返事が遅くなってごめんね。

こだわり…。大切なんですよね、彼らの心の安定のためには。でもそれをいかに世間に受け入れられる形に変換していくかはちゃんとコントロールしないと、これから生活しにくくなってしまうから…。

とがりモノはやっぱり年中さんあたりではブームですか。ヒーロー戦隊が必ず武器持ってるからね。うちの場合はそれが小学校以降まで続くであろう事が問題か(爆)。

ビッグママさん、ブログにリンクさせていただきました~。またよろしくお願いしますね。

こんばんわ!
うちの保育園の年中さんではとがりものが大流行です。
帰りに向かえに行くと皆いろいろなもので作った剣みたいな物を持っています。
中には何十本も持っている子もいて捨てると怒るので母は皆困っています。(笑)

めめさん、こんにちわ。いつも楽しく拝見しています。

そうですよね。うちは、こだわりは特に日常生活に支障はなかったので、趣味としてほっておいてます。息子も、一見普通なのですが、こだわりというか趣味はいかにも、という感じです。書く絵は9割5分が「地図」だし、一時は教習本(去年私が免許を取ったときの教科書です)に赤線をひいて、勉強?してました。そのちょっと前は英語が好きで英英辞書まで見てました……。

でも、このこだわりが薄れて、今何もマイブームがない状態です。すると服のそでをかんだり、ミニカーのタイヤやビニールの切れ端などをかむようになりました。精神安定のためのこだわりって必要なんだな、と実感したのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/665414

この記事へのトラックバック一覧です: こだわりを趣味として認める:

« 学校ごっこ | トップページ | 再び… »