2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ちょびの課題 | トップページ | 英語を始める »

北海道旅行

ちょびも、そしてお兄ちゃんのるるも、「知らないところ」へ行くのがとてもニガテだ。
そんなわけでわがやのお出かけはわりとワンパターンになることが多い。
だから今年も昨年同様、北海道「アルファリゾートトマム」三泊四日の旅。
名古屋空港まで車で行って近くの駐車場に預け、飛行機で新千歳空港まで。そこでレンタカーを借りてメロンで有名な夕張を通って、トマムまで行くという同じスケジュール。

トマムではスパリゾート施設や、釣り、ネイチャーハイキング、ミニゴルフ、アートペインティングなどのプログラムに参加。夜はレストランのバイキングというこれまた去年と同じ活動。

年に一度だから、ま、同じでもいいか。楽しいしね。
DSC00043.JPG

ちょびは去年は釣りに全く興味を示さず、池のほとりの小石を車に見立てて「レーシングカーゲーム」に没頭していたが、今年は「ちょびが、じぶんで、おさかなを、つるのぉぉ!」と私の竿を奪い取り、竿ごと池に突っ込んで「早くつれんかのぉ…」と喜んでいた(すぐに飽きてまたレーシングカーゲームになっちゃったけど)。ちなみにるるはアメマス2匹とヤマメ1匹を釣り上げ、そして大物のニジマスを一匹あげ損ねて逃げられた。私はアメマス2匹だけ。パパは針を取る係(笑)。

天気があまりよくなかったせいもあって、大きな屋内プールで過ごす時間が多かった。ここではお兄ちゃんのるるがみごとな成長ぶりを見せ、一人でクロールで泳ぐ姿を見ることができた。ちょびは果敢に波に向かって「おりゃ~っ」と突っ込んでいく怖いもの知らずぶりを発揮。そして水底から水が噴出すポイントを「ぶくぶくちゃん」と名づけ、そこでずっと「ぶくぶくちゃんワールド」に浸っていた。昨年までは感覚遊びのようにぶくぶくを体で味わっていたのだが、今年は「あっちのぶくぶくちゃんは女の子で、こっちのぶくぶくちゃんは男の子なんだよ」とママに紹介してくれたり、ずっとぶくぶくちゃんに話しかけてすっかり仲良しのお友達になっていた。う~ん、自閉度アップ!

朝6時集合のネイチャーハイクではサンショウウオの子供(おたまじゃくしみたい)をたくさん見つけたり、リスに出会ったり、寒いくらいのさわやかな澄んだ空気の中で、たくさん歩いて気持ちがよかった。
DSC00029.JPG  DSC00081.JPG

このように、旅行中もあまり問題なくすごすことができるちょびなのだが、やはり移動中はとても不安定になって困った。どんなに紙にスケジュールを書いても、荷物を持って場所を移動したり、並んで待ったり、レンタカーの手配ミスで車種を変えてもらったり、慣れない機種のナビで使い方がわからなかったり…、私たちが「あれ?」とか「え~っと」とか少しでも迷っていると「なに?どうしたの?大丈夫なの?」とうるさい。もちろん同じホテルに連泊で「このお部屋で三つお泊りするよ」と言い聞かせても、昼間お出かけすると「今日はどこでお泊りなの?」と必ず聞く。これはどう工夫してもやっぱり不安をすべて取り除いてやることはできないようだ。

それからちょびは旅行中○ンチがきちんと出なくなってしまう。慣れ親しんだうちのトイレが一番なのだ。そのために徐々に食欲が落ちてきて、最終日はほとんどメロンとスイカとソフトクリームだけで生きていた(元気なんだけどね)。バイキングのおかげで好きなものを好きなだけ食べられるのは、こういう子にとって本当にありがたい。特に北海道の赤肉のメロンは本当においしく、私もはちきれそうなくらい食べた。

それからもう一つ、今年の成果。ちょびは花火がニガテだったが、今年の夏は長良川の花火大会と、トマムの夏祭りの花火、二回も間近でドデカい花火を見ることができ、恐怖を克服したようだ。「花火ショウ(なぜかこういう)きれいだったねぇ」と何度もつぶやきながら、プールのぶくぶくちゃんに話しかけるちょびを見て、また来年ここに来ようかな…と思うめめなのでした。

« ちょびの課題 | トップページ | 英語を始める »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/1220754

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行:

» ページで花火を咲かせました・・ [〜ふぐ屋、風と共に去らぬ〜]
関門海峡花火大会も終わり、 夏もあとわずか。  去りゆく夏を惜しんで、  ペー [続きを読む]

« ちょびの課題 | トップページ | 英語を始める »