2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 障害のある人をかかえる家族の方へ | トップページ | リアクションを教える »

保育園最後の運動会

スカッと晴れた秋空の下、ちょびの保育園の運動会が開かれた。
園庭が狭いため、市の球場を貸しきっての大運動会だ。

_069.jpg←赤い旗を持っているのがちょび

_090.jpg←右端がちょび

年中さんまでは、あまりたいしたことをやらない楽しいだけの運動会だけど、年長さんともなると、いきなり難度が上がる。毎日の生活でもそうなのだが、やはり年長さんは「来年の就学に向けて」という先生方の意識も働き、なにかと期待されるものが大きくなるのだ。

というわけで、年長さんは「はじめのことば」や「競技のお手伝い」や「マスゲーム」、運動会の最後を締めくくる花形競技「組対抗リレー」など、大忙しだ。

ちょびは「はじめのことば」をおともだち5人くらいと任された。アイ先生が「ちょびくん、マイクを差し出すと独り占めしちゃうので(マイク好き)どうしょましょ」と悩んでいたが、本番ではプログラムをくるくるっと巻いた「ちょび用マイマイク」をちょびに差し出してくれ、ちょびは壇上で意気揚々と「いまから、うんどうかいを、はじめますっ」と元気に言うことができた。ちょっとした工夫でスムーズに行く。さすがはアイ先生!

最初の徒競走。昨年までは何位になっても「勝った~!ちょびが勝った~!」と泣きながら騒いでいた一番病のちょびだが、今年は違うぞ、やっぱりビリだったけど(笑)、ちょびは最後まできっちり走り、ちょっと顔がゆがんだけれど、お友達の並ぶ列に戻り、お友達になぐさめられてきちんと座っていた。…成長したもんだ。

マスゲームはなつかしの「恋のダイヤル6700」だ!知らない人は知らないだろうが、私はリアルタイムでフィンガー5のファンだったんだぞ。アキラくんが大好きだったんだぞ。ちょびはダンスは大好きだ。ところがマスゲームというだけあって、踊るだけでなく、移動が入る。球場での練習をこっそりのぞきにきたこともあるが、ちょびは前との間隔を保って移動する、というのがとても苦手だ。マイペースなので遅すぎたり早すぎたり…。ちょびが全体の列を乱すんじゃないかと私は気が気じゃなかった。でもちょびはがんばった。やっぱり筋力が弱く、ぴっぴっときびきび動くことが上手ではないが、それなりに、たのしそ~にちゃんと踊っていた。移動も遅れ気味であったけれど、ちゃんと前のユイちゃんについて動いていた。知らない人が見たら「なんか、だらだら踊ってるわね~」と思うかもしれないけれど、あれがちょびの全力投球だったと思う(笑)。

その後の「君とふたりで」(マットを巻いたものを二人で転がしてリレーしていくクラス対抗の競技)も「ちょびはミズくんとがんばるの」と教えてくれていた通り、ミズくんと一緒に(途中2回ほどコケながら…)最後までがんばった。

そして一番不安だった「リレー」!ちょびはアイ先生がいろいろ考慮した挙句、一番手を走ることになった。「前の走者からバトンを受け取る」というひと手間少ないだけでもちょびに負担にならなくて、私も安心だ。スタートのピストルを心配していたが、ちょびは聴覚の過敏はなく、大丈夫だった。みんなより遅れてスタートしたが、真剣な顔で走るドベのちょびの前で、おともだちが二人転んでしまった。あっ、ちょびが気にするかな?と一瞬思ったが、ちょびは前だけを見て、次の走者ヒデルくんにバトンをしっかりと渡した。…できるじゃん。すごいじゃん。

最終的にちょびの出た競技はすべて(個人技の徒競走はおいといて…笑)、ちょびのグループが勝ってしまった!ちょびは大喜びだ。ああ、神様、ありがとう。ちょびはきっとこの運動会を忘れないよ。

ちょびの成長ももちろんうれしかった運動会だが、それよりもなによりも、ちょびのおともだちの成長に本当に驚かされた。ちょびへのサポートの的確さ、さりげなさ。本当に自然に適度に手を引いたり声をかけたり。先生の手を借りなくても子供だけでしっかりとまとまっていた。子供ってすごいなぁ。

女の子たちは年少の頃からずっとお世話好きでやさしかったけど、今年は男の子もちょびのことを気にする余裕が出てきたね。本当にいい子たちばかり。小学校に上がってもよろしくね。あなたたちがいるから、ちょびくんのママは本当に安心なんだよ。

ちょびは本当に恵まれた環境にいると思う。この地域でずっとずっと暮らしていくために、幼い頃からちょびのいる生活をみんなが当たり前に思ってくれるのがうれしい。

それからこの日はうれしいことがもう一つ。年中まで加配でずっとちょびについてくれていたユウコ先生が見に来てくれたのだ。ちょびは本当に人の顔と名前を覚えないのだが、私が「ちょび、ユウコ先生が来てるよ」と言ったら「どこ?ユウコ先生、どこ?」とすごくうれしそうな顔をしてさがして、ちゃんと見つけた。覚えてたんだね。ユウコ先生はちょびの扱いがバツグンにうまかった。ずっと一緒にいてくれたんだよね。年中組の写真を見ると、いつもちょびの隣にユウコ先生がいるよ。ユウコ先生、メール待ってるからね~。

« 障害のある人をかかえる家族の方へ | トップページ | リアクションを教える »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

snowさま、いつもご愛読ありがとう~。
小学校に上がると、ダンスも全員でのリレーもない大雑把な運動会になってしまうので、今年がこういうのは最後かな~と感慨深かったです。悪い汗をかくのはなにも運動会だけではないので(日常がすべて悪い汗…笑)これからも覚悟いたします。

先日さえすけちゃん宅で、R太くんがちょびを泣かせてにニヤリとした時の顔、今でもしっかり目に焼きついてます。あれは正真正銘フツーの「小学校三年生の悪ガキ」の顔だった!(爆)

ちょびくん、大活躍の運動会でしたね。無事終了とのことよかったです!思わず3年前のR太くんの年長の運動会で流した悪い汗を思い出してしまいました(^^;)全種目、大好きな一等賞なんて親子で積み重ねてきた月日への勲章ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/1628048

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園最後の運動会:

» 園最後の運動会 [自閉症でもいいよね]
 今日は地域5市の通園施設合同運動会でした。さえすけは4度目の参加です。 かけっこ、玉入れ・ [続きを読む]

« 障害のある人をかかえる家族の方へ | トップページ | リアクションを教える »