2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リアクションを教える | トップページ | 身近なスペクトラムの人たち »

金八先生

今放送中の「3年B組金八先生」第七シリーズ(TBS系列金曜夜10時~)には軽度発達障害のヤヨイという女の子が出てくる。

シリーズ史上最悪のクラス3Bに転校してきたヤヨは、軽い発達障害がある、と説明されている。スペシャルオリンピックスに出るべくトーチラン(聖火リレー)の練習をしているところを見ると、軽度の知的障害もあるのかもしれない。いつもにこにことクラスメイトたちをそばで見ている。たまにおしゃべりはするけど、少し幼い話し方。金八先生が騒がしいクラスに向かって「話が聞けないものは出て行け!今すぐ出て行け!」と叫んだ時、自分に言われたと思い泣きながら出て行ってしまう。けんかが始まると耳を押さえてうずくまってしまう。などのエピソードを見るとちょびにそっくりで、受動型の自閉症を想定しているものと思われる。HPではプロデューサーからの「おしらせ」としてヤヨの障害の設定として自閉症とははっきりと断定せず「軽度の発達障害」ということになっている。

http://www.tbs.co.jp/kinpachi/

このHPの掲示板を見ると、中学生を中心とした若い世代の子がとてもたくさん見ているようだ。感想にもヤヨのことにも触れているものが多い。金八先生の力で、軽度発達障害のことがこういう世代にも浸透するといいなぁと思う。

思えばドラマ「光とともに…」はどっちかというと主婦層へのアプローチが強く(そりゃそうだ、原作が主婦向けの漫画誌なんだから)、リアルタイムで学校生活を送る中高生世代にはさほどアピールできなかったように思う。その点金八先生はやっぱり層が厚い。初期から見ていたような親世代から、これから売れそうな中学生タレントを目当てに見ているような現役学生世代まで。親子で見ている人もいるかもしれない。

すごいことだよね。そういう「日常に軽度発達障害を目の当たりにしている」であろう人たちに金八先生は噛み砕いて障害特性や、かかわり方、同じ学級にいる意味などを教えてくれる。

またヤヨの母親を、実生活でも軽度発達障害の息子さんを持つ五十嵐めぐみが演じているのだ。ヤヨに接する時にはゆっくり身振り手振りをつけながら話しかけるとか、B組の生徒たちの前で「私はヤヨイよりきっと早く死にます。安心して暮らしていくためにも、この普通学級でヤヨイをすごさせたい」と親の気持ちを話す場面。私の気持ちと重なり胸が痛かった。

でも、荒れた中学生たちの中にちょびを放り込む度胸は、私にはないだろう。

見てて思うんだけどね、やっぱりかわいい女の子って、得だわ。ヤヨみたいなニコニコかわいい子だったら、やっぱりみんな「守ってあげたい」って思うもん。ちょびがどんな中学生の男の子になるかわからないけれど、パパを見てると決して小さくきゃしゃなはずがない(笑)。ヤヨみたいにおとなしくニコニコしてるわけでもなく、やたらワケわかんないこと大声でしゃべったり、パニックも黙ってうずくまるなんてかわいいもんではなく、ギャーギャー泣いたりする(現時点ではね)。「守ってあげたい」と6歳のちょびなら思ってもらえても、15歳のむさくるしい男の子ではどうでしょう?

ああ、ちょびが小さくかわいいままだったらなぁ。といつも思う。大きくなればなるほど奇異な行動は、人々に「恐怖」にうつる可能性がある。かわいくなくなるその日までに、なるべく世間に受け入れられやすいような行動をとれるようになりますように、と祈るような毎日だ。

これからもヤヨのことを見守っていきたい。願わくばこんな風に特別取り上げる必要のないくらい、自然にそういう子がいて当たり前になる世間になりますように。


« リアクションを教える | トップページ | 身近なスペクトラムの人たち »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

金八先生第7シリーズ見ました。障害のある弟がいるので、分かります。
金八先生やその系統のドラマ(アニメ)は結構好きですよ。

>春花さま
ブログ拝見しました。療育手帳は出てきましたか?(笑)
私は今まで「人に頼る」ことがとてもヘタでしたが、来春就学をきっかけに、学校の先生にお任せする気持ちでいこうかなと思っているところです。徐々にそうやってお互い離れていかないと、いつまでも親が抱え込むにはつらすぎますもんね。そのためにも世間に発達障害のことが浸透することを祈ります。

>マリオさま
あら~、ちょびだっておとなしいかわいいばかりの子ではありませんのです。特にADHD系の子とのかかわり方が苦手で、過剰反応して反撃に出て噛み付いてしまうこともあったし…。仲良しのつもりでちょっかい出して迷惑がられたり…。泣くとサイレンみたいでうるさいしね。ヤヨイちゃんみたいにしくしくうずくまって泣いていたらかわいいのに…。今、ひとつひとつ丁寧に「こういうときにはこういう反応をするのがいいと思うよ」と教えているところです。そうやって徐々に自己コントロールができて愛されるキャラになったらいいなぁ、と親なら誰でも思いますよね。

自閉ってほんとに千差万別の個性があって、だから難しいですよね。金八先生に自閉を想定した障害児が出るっていうのはTBSのサイトで見て知りましたが、応援したいです。
子どもが小さいままなら…というのは言っても詮無いことではありますが、その気持ちすごく同感です。いずれ思春期を迎え、私より大きくなるであろう息子。母親一人の手には余ります。母の頑張りはほどほどにして、周囲からの応援を仰ぎたいです~。

こんばんは。先日はお返事ありがとうございました。
今回の金八先生はホント期待しています。この機会に発達障害の理解が深まり、生活しやすくなれるといいですよね。
特別扱いされずに自然に生きていけたらどんなにいいでしょう。

うちの息子はヤヨイのように受動型ではなく、積極・奇異型なので、攻撃的で人にはむかって向かっていくタイプです。だから最近は嫌われて仲間はずれにされています。かわいらしさのカケラもありません。親の私にとってはとても可愛い宝物なのに・・・ とても悲しいです。
だいぶ変わり者だけど優しくて、いいところも沢山ある子なのでお友達ができたらどんなに嬉しいでしょう。
ちょび君はおとなしいのですね。少し羨ましいです。息子ももうちょっとおとなしければかばってくれる子がいたのかな?

愚痴ってしまいすみません。
ちょっと落ち込むことがあって・・・。子供はゆっくりでも成長しているので母も頑張らないとね。
お邪魔しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/1763076

この記事へのトラックバック一覧です: 金八先生:

« リアクションを教える | トップページ | 身近なスペクトラムの人たち »