2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「自閉っ子、こういう風にできてます!」 | トップページ | 発達障害者支援法 »

感覚のオーバーフロー

今朝の出来事。
ちょびは毎朝寝起きがとても悪い。別に夜更かししているわけでもないのだが、起きてしばらくは些細なことでワーワー泣いて手がつけられないのだ。

ところが今朝はちょいと様子が違う。めそめそして起きてきたのはいつも通りだが、食卓についてから、やたら口の中に指を突っ込んで気にしている。調べてみると下唇の内側にぷちっと水ぶくれができていた。口内炎と言うほどのものではなく、痛くもかゆくもないのにいつの間にかできていて、いつの間にかつぶれてなくなっている、アレだ。

「あ~、水ぶくれだよ。大丈夫。痛くないでしょ?」と声をかけたが、口の中の異変がすぐに取り除けるものではないと気づいて、ちょびはパニックに陥った。「と~れ~な~い~!」

とにかく泣きわめく。朝の不機嫌もあいまって、それはそれはひどい泣き方だ。(注:ちょびは吐くまで泣きます)

抱っこして、鏡を見せて、明日くらいにはなくなるかな~などとパパが一生懸命なだめている。

ちょびは聞いてない。とにかく「口の中に異物が~~!」という感覚で体中がいっぱいになっているのだ。

パパは「こういう水ぶくれはほっとくのが一番なんだ」と言うが(いちおう歯科医だし)私はやおら立ち上がり、裁縫箱を持ってきた。縫い針をマキ○ンで消毒し、「ちょび、いくよ」と針を見せた。

ちょびは瞬時に理解して、おとなしく下くちびるをびろーんとのばした。

ぷちっ

その後のちょびは、何事もなかったかのように朝食をたいらげ、ふんふんふ~~んと鼻歌まじりで朝の支度にかかっていった。パパは目が点になっていた。

先日ご紹介した「自閉っ子、こういう風にできてます!」という本にもあったが、ちょびたちは何か些細な感覚の伝令でもそれに過剰に反応してしまい、頭がいっぱいいっぱいになってしまうらしいのだ。ニキ・リンコさんや藤家寛子さんは抗うつ剤を飲むと、そういった伝令に対して「すておけ、すておけ」「その位のこと、報告しなくていいから。現場で判断してくれる?」という余裕ができるらしい。

ともすれば「これくらいのこと、ちょっと我慢しなさい!」「しばらくすれば忘れちゃうから…」などと流してしまいそうなことだけど、ちょびにしてみたらもう「全身水ぶくれ状態」なのかもしれない。ひょっとして、ちょびもそういうお薬が必要なのかもしれないな、と、次回の杉様の診察で相談してみようと思ったのでした。


« 「自閉っ子、こういう風にできてます!」 | トップページ | 発達障害者支援法 »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/2030831

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚のオーバーフロー:

« 「自閉っ子、こういう風にできてます!」 | トップページ | 発達障害者支援法 »