2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 半日入学 | トップページ | お兄ちゃん、杉様と語る »

ゆびの体操

ちょびは大変不器用だ。
自閉と、発達性協調運動障害も合併しているちょびは、並みではない不器用さもち、そのせいで生活のあらゆる場面に引っかかることになる。

迷路をたどるのが大好きなので、目と手の協調にはさほど大きな問題はないと思う。しかし小さなものをつまむ、シールをはがす、お菓子の袋をひきやぶるなどの、指先を使う運動となると、もう見てるのも気の毒なほど難しいようだ。指が思い通りに動かないらしいのだ。

指の名前はわかっている。でも「人差し指だけを動かして」と言っても、「え~っと…これでいい?これでいい?」と一生懸命がんばるものの、ひくひくあちこちの指が動いてしまう。頭の中の「この指をうごかす」という指令を、ゆび先に運動として変換するのが、難しいみたいだ。

では目で見てわかるようにしたらどうかな?こんなんでどうでしょ。

101_0361小さな丸いシールをつめに貼っただけなんですけど…。「あかさん~」と呼んで、赤いシールを貼った親指が「は~い!」と動いて返事をする、というあそびをしばらくやった。まだあちこちヒクヒクしてますが(笑)。

自分の体がどんな風にするとどう動くのか、がとてもわかりにくい人たちらしいので、目で見てよくわかるようにしてあげるのは、やっぱり有効なようだ。ちなみにわがやのリビングには大きな鏡がある。その前で着替えたり、唄ったり踊ったり、自分の体がこんな風に動いているよ、というのを、ことあるごとに見るようにするといいと思う。

« 半日入学 | トップページ | お兄ちゃん、杉様と語る »

療育」カテゴリの記事

コメント

私、この原理を利用して
ピアノのレッスンをしている先生のニュースを
見たことがあります。
鍵盤にドレミごとに色付けをして
指には色分けされたリングをはめる。
初心者の子ども達にはとっても理解しやすい・・・といっていた。
ほ~んと奥深いわ!!この世界(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/3115960

この記事へのトラックバック一覧です: ゆびの体操:

« 半日入学 | トップページ | お兄ちゃん、杉様と語る »