2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 胃腸風邪? | トップページ | 牛乳事件 »

きょうだいのトラブル

障害を持つ子がいると、両親はもちろんだが、そのきょうだいにもいろいろな影響が出る。
私は「永遠の生活能力2歳レベル」であるちょびに手と体はとられていても、気持ちはいつもいつも、お兄ちゃんのるるの方に奪われている気がする。

るるは難しい子だった。
一応定型発達の子なのであるが、とても過敏で神経質で、むしろぼ~っとしたちょびよりも扱いにくかったものだ。

でも賢いし、人の気持ちがよく読める子で、私がちょびの世話でイライラしていると、気を使って静かに過ごしてくれたり、むしろ私の顔色をよくうかがって、かわいそうになるほどだ。

少し前までは、るるは「ちょびは何もできないから、ママはちょびのお世話で大変。だからぼくもちょびを大切にしてママのお手伝いをしよう」という気持ちがあったようだ。そんな様子がケナゲで、私はいつもちょびの障害のことよりも、るるがかわいそうでかわいそうで涙したりしていた。

ところがちょびの発達が思ったよりも順調で、いわゆる目立った知的障害を持たないという意味で「高機能」範疇に入ってきた頃から、るるのちょびに対する態度が変わってきた。

ライバル心むき出しだ

それまで「ジヘイショウっていうおびょうきだからしかたがないんだ…」と思っていたちょびが、結構生意気なことを言ったり、るるの得意ジャンルであるゲームの世界にも足を踏み入れ始めた。大事に守ってあげなくちゃいけない何もできないちょびだと思っていていたけれど、なんだよ~、別に守ってやることもないじゃんかよ~、と言うのがるるの本音だろう。

でもちょびは決して「ジヘイショウが治った」わけでもなく、「普通に何でもできるようになった」わけでもなく、ただ単に言動が生意気になっただけなので、私は今でも何かにつけ手を貸してやらねばならない。それがるるには気に入らない。

るるの結構陰湿なイジメやからかいが勃発。
「できないちょび」に一歩も二歩も譲っていたるるが、手加減せずに全力投球でぶつかるようになったのだ。2歳も年上の定型発達の兄に全力投球でぶつかられて、ちょびはたまったもんじゃない。

ちょびは何かとワーワー泣く。るるの攻撃にもよだれと鼻水でぐちゃぐちゃになりながら、泣いて「ばか~!」だの「やめて~!」だの言って逃げ回るのだ。私はその泣き声にイライラして「るる!頼むからちょびを泣かすな!」と、どうしてもお兄ちゃんを叱ることになる。

そして余計におもしろくないるるなのだ。

一時は「もっと我慢しないで自分の気持ちを出してもいいんだよ」とまで気遣ったお兄ちゃんのるる。でも一転してここまで大っぴらにいじめられると、さすがにブチキレる。

「なんでもっとやさしいお兄ちゃんになれないのっ!」
「そうやってからかうと、ちょびがどんどんできない子になっちゃうんだよ!」

ああ、きょうだいって難しい。仲がいいときは、本当にきょうだいがいてよかった、って思うんだけどね。いったんトラブルが起こると、カンベンしてほしいって泣きたくなるよ…。

« 胃腸風邪? | トップページ | 牛乳事件 »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

>Kanさま

はじめまして!コメントありがとうございます。

でしょ?でしょ?普通は「たまには障害のある子をお父さんが預かって、きょうだいとお母さんを二人にしましょう」っていうのがスジだよね?

うちのパパぽんはそこがズレているのです。

あくまでるるとべたべたと二人で出かけてしまいます。ま、るる本人がママがダメならパパを独占したいという気持ちがあるようで、わからなくもないんですが、ちょびだってそろそろ男親がよくって「ちょびもパパと行きたい~」と言っているのに「ちょびは、ママとお留守番」なんてほざくのです。

パパはちょびの扱い方が、いまひとつ自信がないっていうのもあるのでしょうが、私だってたまには「普通の子の親」になりたいな、って思います。

パパへの不満はまた別口でたっぷり書いてやる!(爆)

はじめまして♪
うちの場合、お兄ちゃんが自閉っこなんですが、兄弟ケンカは日々の悩みの種です^^;障害がある、なしに係わらず、お兄ちゃんって何かと我慢しなくてはいけないことが多くなってしまうのが事実・・・。うちは3才離れているのですが、弟がまだ小さいときは、かわいがってくれる一方で、やはりケンカも多く、大変な時期がありました。

るるくんはとても優しいお兄ちゃんですね^^
そしてお母さんが大好きなので、ちょびくんにライバル心を抱いてしまうんですよね~^^
でも兄弟一緒の時はちょびくんの方に手がかかってしまうのは事実。なので、旦那様が休日のときに、ちょびくんをお願いして、るるくんと2人でデートしてきてはどうでしょう?るるくんがお母さんを独り占めできる時間を増やしてあげる作戦です!「いつもちょびくんに優しくしてくれてありがとう。一緒に遊んでくれてありがとう。」と、お母さんがるるくんに対して普段思っている感謝の言葉をゆっくり言う機会を作ってみてはいかがでしょう?^^

なんてえらそうに書いてしまいましたが、実は兄弟ケンカが激しい時に、リハの先生からいただいたアドバイスなんですけどね・・・^^;
もうすでに実行されていたらすいません!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/2897718

この記事へのトラックバック一覧です: きょうだいのトラブル:

« 胃腸風邪? | トップページ | 牛乳事件 »