2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« みさと先生 | トップページ | お兄ちゃんとデート »

うつ状態

実は私はちょびに診断がついて以来、ずっと安定剤と軽い抗うつ剤のお世話になっている。
私が普段、とても前向きでパワフルに見えるとしたら、それはひょっとしたらクスリのせいかもしれない。

ここ数ヶ月、私はなんだかわからないけれど、忙しかった。仕事、親の会、セミナーや勉強会、学校のPTA、ちょびの就学に向けての色々な準備、それからもちろん主婦業(これはちゃんとやっているとは言えないケドさ)。

毎日忙しくて、予約してあった心療内科もサボってしまった。

30日分ずつ出してくれていたクスリがなくなり、「あ、いけない!」と思いつつも、エンジン全開でバリバリ色々な仕事をこなしている私は、「調子いいから、もうそろそろクスリなくてもいいかも…」との勝手な自己判断で、2週間ほど薬を飲まずにいた。

で、今日、ちょびの保育園で発表会があった。演目は劇「そらまめくんとめだかのこ」と、歌と演奏「きみとぼくのあいだに」「ドレミのうた」である。

しかしほんとうに不測の事態だったのだが、ちょびが劇で組むケンちゃんが、お熱を出して休んでしまったのだ!

前から担任のアイ先生にも聞いていたが、ケンちゃんはとても器用で、ちょびの心をくすぐるいろいろな工作を作ってくれる。つい先日もダンボールをてっぽう型に切り抜いて、ダイヤルやらボタンやら書き加えた武器を作ってくれて、ちょびが大喜びしていた。劇でも絶妙にちょびをフォローし出過ぎれば抑え、出遅れればうながし、と私はひそかに「ちょびの調教師」と呼んでいたのだった。

そのケンちゃんが、お休みだ!ちょびは一人だけでピーナツくんの役をこなさなければならない。ケンちゃんがいてさえ冷や汗モノの劇なのに、こうなると冷や汗というよりも、あきらめ(爆)。

そして今回、私は忙しさにかまけて、まったく事前の根回しをしなかったのだ。

内容を事前にリサーチして家で練習させるとかも考えたのだが、園でがんばっているのだから、家ではゆっくりさせてあげようと思ったのもある。

でも当日の朝くらい、私はちゃんと紙に文字で書いて最後の確認をすべきだったのだ。

ちょびを園に「あとで見に行くからがんばってね~」と送り出してしまってから、メモ用紙に
「はっぴょうかい ママは いちばん うしろのせきで みています。ビデオにとって パパとるるに あとで みてもらおうね。だから じょうずに がんばってね」と書いて、始まる前に渡して読ませようと思っていた。

ところが会場は熱気むんむんで、ビデオの場所取りをしているうちに開演の時間になってしまった。「これからは会場の出入りはおやめください」とのアナウンス。手紙が渡せない。それでもちょびにとっては特別な用事なのだから、本当はちゃんと渡しに行くべきだったのだ。

結局ちょびの顔を見ないまま始まってみると、「今日はお休みの子が何人かいるので、いつもどおりに行かないかもしれませんが…」という園長先生の挨拶。あぁ、ケンちゃんが休みだ、おかあさん、うまく行かないかもしれないけれど、がっかりしちゃダメよという、私へのメッセージに聞こえた。

舞台に出てくるなり「ちょびのママは~~?」と大騒ぎ。私は必死にビデオ席から手を振る。気づいてにっこりと手を振るちょび。でもまたすぐに落ち着きなくごそごそふらふらヘロヘロしている。

内容のことは細かく書きません。とにかく今まで見た発表会のなかで、一番いたたまれない気持ちにさせられたかも(笑)。他のお子さんのご家族に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。ケンちゃんのかわりにちょびが熱を出して休んだら…なんてことさえ考えてしまった。いやいや、今までが自閉症児にしてはうまくやりすぎていたのかもね。ま、こんなもんだ、という免疫を私もつけなくちゃいけないんだ。

突然の予定変更がやっぱりニガテなんだね。ストレスがかかりすぎると、多動になるんだね。とにかく、とにかく、やっぱり君は自閉症なんだね。

成長が著しいと、ひょっとしてもっと伸びるかも!?とおろかな妄想を抱いてしまうな。自分にブレーキブレーキ。ちょびは立派な自閉症じゃん。過度な期待は禁物。でも一番の救いは、終わってお部屋に迎えに行ったら、ちょびが「楽しかった」ってにこにこしてたこと。あれだけハズしておいて、楽しかったんだ~。でも、よかったよ。笑顔が見られて。

ところが私のほうはといえば、うまくちょびの支援ができなかった自己嫌悪でいっぱいで、うつ状態が全開。ぼ~っとしてはぽろぽろ泣いて、もうっお布団にもぐって寝てしまいたい!と思うけれど、やることは山積みだし、パパはいないし、お兄ちゃんはちょびをからかってパニックに誘うし…。精神的にいっぱいいっぱいで、かなりしんどい状態になってきたので、ちょびをつれてすっ飛んで心療内科に行った。受付でクスリが出たら、その場で飲んだ。

子供だけにはあたるまい。お兄ちゃんにはもちろんのこと、ちょびにだって何の責任はないんだからね。

そしてなにより、やっぱりちゃんと事前に根回ししなかった私が一番悪い。そしてちゃんとクスリを飲んでおかなかった私が一番悪い。自分のメンタルなケアをサボっていた私が一番悪い。

休みたいな~。でも明日もPTA事業だ、その後すぐスイミングだ…。そして明後日は親の会の集まりだ。

この日常から、逃げ出したいなぁ。何もかも忘れて、自由な時間がほしいなぁ。

それより、早くクスリ効かないかなぁ(爆)。

« みさと先生 | トップページ | お兄ちゃんとデート »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/2985085

この記事へのトラックバック一覧です: うつ状態:

« みさと先生 | トップページ | お兄ちゃんとデート »