2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひかりのさとファーム見学 | トップページ | レパートリーを増やそう! »

ペアレントトレーニング

parent1今わが家では、ちょびの療育よりも、大きなテーマにぶち当たっている。

そのテーマは「これでいいのか?お兄ちゃん!」である。

そこで数年前にすでに買ってあったものの、今さらながら再び読んでいるのがこれ

「ADHDの」と銘打っているが、本来の内容はどんな子にも使える親のウラワザ的な、育児本だ。親(ペアレント)だけでなく、ぜひ教育に携わる方たちにも読んでいただきたい。

うちのお兄ちゃんは、とってもいい子だ。かわいいし、賢いし、素直だし、適度に元気で、適度におとなしい。世間の評判はきわめて良好。お友だちもたくさんいるし、学級委員もやっている。

でもね…なんだろ、う~ん。そういう年頃なのかなぁ…ちょっと最近、扱いづらいのです。

片付けをまったくしない、だらしない、字が汚いのはずっと前からだが、以前は叱ればちゃんと言うことを聞いていたのに、最近親の忠告(雷?)をなんとも思っていない。ちょびをからかう。嫌がることをしつこく繰り返す。すぐバレるような小さなウソをつく。叱ると開き直る。言い訳や口答えがびっくりするほど大人びていて、怒りよりも失望を感じる…。

たぶん、いや絶対、ちょびの成長を全精力傾けて見つめていた私への挑戦状だ。

私はけっこう早くからそれに気づいて(というか、わかりやすいヤキモチだったから)フォローしてきたつもりなんだけど、まだ足りなんだな。「親の注目を集めたいと思う子どもの欲望は底なしです」とこの本に書いてあるけど、そうなんだろな。

ペアレントトレーニングは「行動療法」というものをベースにしている。犬にえさをあげて芸を仕込むごとく、ごほうびを与えながら、好ましい行動を引き出そうとするプログラムのことだ。そして好ましくない行動に対しては、罰を与えるわけだが、もちろん体罰や叱責という形ではなく「無視する」という行動で示す(消去)。そして好ましくない行動を少しでもやめたとたん「褒める、褒める、褒める」わけだ(強化)。

そういえば最近、お兄ちゃんを叱ることが多いなぁ。つとめてべたべたとスキンシップはするようにしているんだけど(とっても喜ぶのだ)食事の準備中、パソコンでの作業中、ちょびにかかわっている最中、どうしてもお兄ちゃんの「好ましくない行動」しか目や耳に入ってこず、「こるるぁぁ!」と巻き舌で雷を落とすことになるのだ。

…好ましい行動(静かに本を読んでいるとか、ちょびと仲良く遊んでいるとか)のときには、なかなかそれを取り上げて褒めてあげることって、むずかしい…。でもそんな(親にとっては)当たり前の風景に「ママはちゃんと気づいてるよ~。よしよし」といちいち注目してあげることが大切なのだ。

そしてこのプログラムを徹底するには「行動分析」というものが必要になる。「好ましい(増やしたい)行動」とはどんなことなのか。「好ましくない(減らしたい)行動」とはどんなことか。そして「許しがたい(断固やめさせるべき)行動」は?それを具体的に(たとえば「弟にやさしくしてほしい」とかの一般論ではなく「ちょびがパニックになっているときに、大声で叱りつけるのではなく、静かになだめてあげる」とか本当に具体的に)一覧表にして書き出さなくてはいけない。

子どもを見つめなおすだけではなく、自分の日々の行動(こんな些細なことで雷を落としてしまった!)を反省することにもつながる。

そういうのがめんどくさくて(自爆)イマイチきっちりとできなかったペアレントトレーニングだが、今回いつもの自分で自分を追い込む方式(笑)で、アスペエルデのT先生のペアレントトレーニング連続セミナーをとってしまった。毎回宿題が出る。メールでレポート提出!ひえ~~!

がんばります!ちょびのためよりも、自分とお兄ちゃんのために

« ひかりのさとファーム見学 | トップページ | レパートリーを増やそう! »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

>shibaさん

あら~jiroちゃんはるるタイプなのですね。
いつも我慢してがんばってる子って、はじけると、こわい…。
母親だってちゃんとわかってるんですけどね~。一生懸命フォローしてるつもりなんだけどね~。

大人になったとき「おフクロ、がんばってたなぁ~」って思い出してくれたら、うれしいよね。

今はかわいがれるときに力いっぱいぐりぐりかわいがることしかできない。必ず伝わると信じて…。余裕のないときは…ごめんよ~(泣)

おはようございます(^^-)
これ、読もっ!!!(笑)

常々るる君とjiroは似てるかも、似てる・・・と思っている私。
ええ、可愛くて賢くて・・・のところも!(^^ゞ
taro君もhanaちゃんも叱っても諭しても効果が期待出来ないので、
ついついjiro君をターゲットにしがちになってしまう。
頑張って良い子をしてる時と反動でパニックってる時と
落差が大きくて、ストレスかかってるんだ・・・と思うこともしばしば。
私なんですよねぇ・・・う~ん。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/6784898

この記事へのトラックバック一覧です: ペアレントトレーニング:

« ひかりのさとファーム見学 | トップページ | レパートリーを増やそう! »