2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おくちの多動 | トップページ | クリスマス会 »

るるはなぜ叱られる?

わが家のお兄ちゃん、るるは、元気のいい明るい男の子だ。

算数が得意で計算のスピードはクラスでトップ。学級委員も引き受けている。おともだちも多く、おもしろい遊びを見つけてみんなを誘うリーダーシップもあるし、人の好き嫌いを言わず、悪口も言わず、私が言うのもナンだけど、本当にいい子なのだ。

でも一つだけ、私が我慢できないことがある。

散らかし大魔王なのだ。

私だって部屋の片付けは決して上手なほうじゃない。捨てるのが下手で、余計なものを買い込んだり溜め込んだりするために、モノが多すぎて片付かない。

それでも私は原則的にきれいな部屋が好きなのだ。そのほうが心地いいのを知っているのだ。

るるとちょびが学校に出かけると、私は一応ちゃんと部屋を片付ける。とりあえずモノを元にあった場所にしまう。で、るるが帰ってくると…

1、ポケモンのソフビ人形が大量に入ったカゴをひっくり返す。

2、ポケモンを並べる(チーム作り)。

3、手近な台や子ども椅子、レゴブロックを引っ張り出してきて、バトルステージを作る。

4、興に乗ってくると、ヌンチャクや日本刀、手裏剣、クナイなどの武器を出してきて…

5、自らポケモンになりきって戦う(一人二役)。

6、時間になったらおもむろにテレビをつける

7、夕飯までビデオを見るか、ゲームをする

と、ここまでで部屋がどのような状態になったか、ご想像がつくでしょう。

6の時点あたりから、すでにポケモン人形や武器やバトルステージはほったらかしになっているので、私が声をかけて片付けさせようとすると「だめ~っ!そのままにしておいて!」

なんだろね~。社会性はとても良好なので自閉ではないと思うんだけど、あまりにもファンタジーへのこだわりが強い。自分の頭の中のバトルを完成させるためには、家の中のあらゆる物を使いたい。台所の小道具。ちょびのおもちゃ。私の文房具。気づくとちょろまかして(少し改造されて)遊びの道具になっている。

そんなるるを、どうしても私は叱ってしまうんだな~。なんかちょびのお仲間のニオイがほのかに漂うるるに我慢できず、

あんたくらいまともでいてよ!

って、思っちゃう自分がいるんだろうな~。もちろん口には出さないけどね。

どんなに教えても片づけがどうしてもできないタイプの、いわゆる「だらしない」と呼ばれる子どもたちはいる。これはしつけではどうにもならないんだよ。とるるの担任は言ってくれた。怒るだけお互い気分悪くてソンだから。本人が自覚して、なんとかできるようになっていくから。それまでどんなに言っても怒っても、ダメ。ま、しょうがないな~って思ってやって。と。

これが「障害」か「個性」か。非常にビミョ~なラインなので、私も受け入れられないのだと思う。だから本当に軽度の発達障害の子たちのお母さんの気持ちが、るるを通してよくわかるのだ。

本人が困っていなければ、それは障害ではない。

るるは部屋が散らかっていても平気なんだってさ…。それに記憶力が抜群で、忘れ物はしないんだよね。表面上しっちゃかめっちゃかになっていても、彼の頭の中は実によく整理整頓されているらしいのだ。

おみごと!

もう私は、何も言うまい。もくもくと片づけをするよ。君にしっかりモノのお嫁さんが見つかるまでね。

« おくちの多動 | トップページ | クリスマス会 »

わがやのお兄ちゃん」カテゴリの記事

コメント

>keimamaさま

お口の多動、あなどるべからずでございます。
でも…

>先生がさえぎると、軌道修正はつくみたいなんですけど
これってすごく、ぶらぼー!ですよね!うちはさえぎってもダメですから~。本人が「止まらないんだもん」と困っているくらいなので…。

うちも早く軌道修正できる人になってほしいと、願っています。

こんにちは!
ついつい苦笑してしまいました。
うちも、おもいきり散らかし大魔王!
わたしも片付いてないと、いらいらって来るほうなので
何か欲しがるたび
「それは自分で片付けられるのっ???」と
問いかけから始まります。
でも、るるくんは、忘れ物しないという。。。。それって素晴らしい!ですよ。
先日の「お口の多動」も、人事ではなくて・・・
入学して最初の家庭訪問や、「ことばの教室」の最初の面談で
同じように言われたのが
「とにかくおしゃべりで・・・」だったもんで。
先生がさえぎると、軌道修正はつくみたいなんですけど
いったい何喋りだしているのか、ヒヤヒヤなんですよ。

>jiroくん

つねづね、ぼくとjiroくんは似ているのだと、聞かされていましたが、ここまで同じとは、驚きました。
ぼくの書きためた「カービー4コマ劇場」も、ママの目にはごみに見えるらしく、よく捨てられます。「だったらちゃんと引き出しにしまいなさい!」と逆ギレするのも同じですね。

ママはちょびを甘やかしすぎる、とぼくは思います。ぼくにはきびしすぎる、とぼくは思います。……るるより

>まんさなさま

怒ってどうにかなるレベルと、怒ってお互いにダメになっていくレベルと、そこが分かれ目??

こりゃ怒ってもダメだと思ったら、「根気よく教える」スタンスが必要なんでしょうね。

それから、本人が「何をしなければならないか、ちゃんとわかっている」場合と「どうしていいかわからないからこの状態」の場合と、そこも分かれ目のような気がします。

いずれにせよ、個性と言い張れば個性。でもそれを治そうと責めるか、対処法を教えていくか、が親のスタンスの違いなのかもしれませんね。

るるおにいちゃんへ
ぼくもるるおにいちゃんと同じで、よーく叱られます。
何でお母さんが僕の作品をゴミと間違えるのか
まったくもって理解できません。
ひとつひとつ違うのに、
お母さんには全部同じに見えるらしいので困ります。
大事な恐竜を捨てられたら、怒るに決まってるのに、
片付けてないからよ!と逆切れする
お母さんには本当に困ってしまいます。。。jiroより


こんにちは。
うちの子も診断はついているものの、ひょっとして個性でいけるときもある?と思えるように今のところそだってきています。(とはいえ、特徴はもっているので、診断がなくなることはないですが)

見ていると、広告の裏に書いた地図は、書き終わったらもう意識の外なので、下に何枚落ちていても見えない。おかしの包装なども、中のお菓子が大事なので、向いた後は落ちていても気づかない。部屋にあるものの中でも、自分に必要なものしか見えないみたいです。

るるくんと同じにしては、失礼ですが、うちも『ひょっとしたら個性でいけるかも』なんて期待をしているが、故に怒ってしまう。もっと丁寧に、細やかに接していかないといけないのに・・・

ちょっと反省です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/7666502

この記事へのトラックバック一覧です: るるはなぜ叱られる?:

« おくちの多動 | トップページ | クリスマス会 »