2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 六つの瞳の光の中で | トップページ | 粘土作品 »

私も…?

nobijai5 昨日本屋さんで見つけた本「のび太・ジャイアン症候群5 家族のADHD大人のADHDお母さんセラピー」

つねづね、この片付けられなさと怒りっぽさ、のんびりちょびに対するイラつきなどから「るると私ってひょっとしたら、やっぱりADD(多動のないADHD)かなぁ」と思っていたので読んでみた。

ちょびは自閉に加え、書字障害などのLD、そしてADHD(大きな多動のない不注意優勢型)も併せ持っているタイプなので、このシリーズはとても気に入っていて、全シリーズ読んでいるのだ。

さて、結果は…?

おそらく診断がつくほどではないにせよ、やっぱり私もるるもADHDの特徴はばっちり持っている。二人とも衝動性や多動性はほとんどないが、「不注意」が強いようだ。

とくに「お母さんに見られるADHD症状にはどんなものがあるか?という項目には、ドキドキするほど当てはまっていた。

私は「あれやらなくちゃ」「あれ買いたいな」「あの本読みたい」「あれをネットで調べたい」とアイデアや計画は頭の中で次々と湯水のようにわき上がる。その時すぐ動いて最後まで完了すれば万々歳。

ところが、途中で外からの物理的なジャマ(子どもが何かを要求)やら、自分の中からの思考的なジャマ(あ、これもやらなくちゃ、というよそ見)やらが入ると、もう忘れちゃう。

で、何かしてる最中に、再び忘れたソレを思い出し、作業中のコレを忘れてソレに猛進したりするのだ。

そんな状態なので、私の頭の中は常に「ものすごく忙しい」状態で、体はそんなにシャープに動いていなくても(自爆)、頭の中はものすごい勢いでばたばた走り回っているのだ。

ただとてもラッキーなことに、私はメモ魔なのだ。そしてスケジューラー(こんな言葉あるのか?)でもある。自閉くんの親だけに、やはりそっち系の特徴もあるのでしょう。

そんな風にして、私は学生時代からあらゆることをメモして、一日の流れをスケジュールに書いて、生き延びてきた。だからこんな頭の中の多動でも大丈夫だったんだろう。

ただね、興味のないことに対しては、メモも取りたくないし、スケジュールもちゃんと作らない、だから流れてどっかいっちゃう…。

私にとってそれは家事らしい(まるで他人事?)。だから部屋も片付かないし、年末の大掃除なんて、最初からする気にもならない。(いやなことを先延ばしにしようとするのも特徴の一つ)

唯一、最近家事分野で成功しているのは「子どもの偏食に立ち向かうべく、レパートリーを増やそう」という名目で始めた、夕飯の食材宅配。「今晩何を作ろう…」と考えることは、子どもたちの偏食とあいまってとても憂鬱な作業だった。だからいつもとりかかるのが遅かったり、その時間帯になると機嫌が悪くなったり…。でも「さぁ、コレを作りましょう!」とひとそろい届けられる食材を、手順書のままに作っていけば、あら不思議。おいしい夕飯ができあがり~!新しい物好きだから(コレも特徴)料理するのもワクワク。

掃除や片付けも、こんな風にマニュアル化できると、ぜったい私にもうまく行くんだと思う。

私は結婚して子どもが二人生まれるまで、生活のうえでなんの不便も苦痛も感じなかった。でも子育てというのは、特に複数子供がいるっていうのは、ADHDの特徴を持つ人にとって、本当に相当高いハードルの日常を強いられるのだなぁ、と改めて思った。だって、自分のことだけでいっぱいいっぱいなのに、人(子どもたち)の世話までしなくちゃならなくて、しかもそれは自分の意思やタイミングでできるものじゃなく、とんだ時間に要求され、せかされ、泣かれ、カンシャクを起こされ…。そりゃ、イヤにもなるわい。

しかもそんな親からは、そんな子どもが生まれる確立が遺伝学的にもめっちゃ高いわけで…。

ADHDが複数いることで「イライラの相乗効果」が発生してしまう。

一家そろってどたばた…ってことになりかねないのですね。

うちはパパりんだけには幸いADHD傾向はないようなので、助かっています。他の傾向はあるけどね(ぶっ)。

« 六つの瞳の光の中で | トップページ | 粘土作品 »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

>keimamaさま

ぷっ!「気をつけ!」のあとの「礼!」を忘れたとな?さぞクラスのみなさんうろたえたことでしょう(爆)。

そうなの、メモメモメモ!ひたすら書く!でもそのメモをなくしたりする!(自爆)もしくは何が書いてあるのか自分でもよくわからないことも!(激爆)

息子がインフルエンザでご無沙汰しました・・・

>(私は片付けのほうはだいぶ克服してるんですけどね)
は・・・職業ですねー
十数年、店舗空間の仕事してたのが利いてると思います。
でも、不況でその道も閉ざして、今総務事務みたいなことしてるんですけど、(<この職歴の一貫性のなさはお恥ずかしい限りです)
これ、向いてないかもー
あれこれ、頼まれごとが多いと、すぐに忘れちゃうんですよ!
「はーい」と言った瞬間、別の電話とったりするともうコロッと。
今になって知るこの忘れっぽさっていったい??
なので、最近では、本当めめさんを見習って
頼まれた事はまず「メモメモメモ!」
そういえば、中学生の時、日直していて授業開始の
「気をつけ」を言った後「礼」をいうのを忘れていたこともあったっけ・・・な私なんです。

>杏母さま

はじめまして。ようこそ♪自分てヘン…と思えるうちはまだいいのかと(爆)。それさえ気づけないのが問題なのかもしれません。

>Rioちゃん

そうそう、ちゃんと対処法を知っているから、私たち診断ついていないんだよね(笑)。なんとなく対処法を身につけていった私たちと、いちいち教えなくちゃ気づかない子どもたちと…そこが違うのかな~と思います。

クイックパックチェックしました!おいしそうだね。利用してみよ♪

ふふっ めめちゃんは、ADHDタイプなのね~。わたくしは、PDDタイプよん(爆)
お金持たずに美容院行くなんてこともよくあるよ~。
終わってから 「ひゃ~すみません。お金忘れたのですぐにとりに帰ります。」って赤面しながら言ってます。(恥)
でも、ここでパニックになるか、対処法を知っているかが大きく違うんだと思うんですよ~。

私も興味ないことは、料理っす・・・。
うちは、毎週クイックパックというのを取ってます。
http://91989.com/
簡単で、おいしいよ☆ お試しあれ~。

はじめまして。色々な検索からこちらに着きました。自閉の娘がいます
私も片付けが出来ないんです。私の母も。いつも散らかり放題で、どうしようと思いますがそのまま、ずっとpcに向かっている毎日。最近自分って変と思います。

>keimamaさま

>(私は片付けのほうはだいぶ克服してるんですけどね)

これって、なにか秘訣でも?!(切実)

とりあえず今は「新しいものは増やさない」「いらないものは思い切って捨てる」という基本中の基本でなんとかやってますが、片づけができないくせに、散らかるとイライラするんですよね~。

すごい片付け魔の人と結婚したらどうなっていただろう…。愛想つかれて別れるか、せっせと片付けてくれて快適な生活ゲットか…?

「私も・・・?」って思うこと・・・あります・・・。
私以外に、「私の母も・・・・(<多分かなり)」もあるし。
先日、NHKの教育テレビでアスペルガー症候群の息子を持つ
お母さんが、自身片付けられない人で
その自宅で取材されていましたが
まるで、私の実家でした・・・・
(私は片付けのほうはだいぶ克服してるんですけどね)
母方の私の従兄弟は今から思うに「LD」。
息子はその従兄弟に似てるなあと思うこと多々。
なもんで、これは母方の遺伝かしら。。。なんて思っちゃいます。
ついでいえば
私の勝手な思いですが「男の子は強く出ちゃうのかなあ?」なんて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/8230495

この記事へのトラックバック一覧です: 私も…?:

« 六つの瞳の光の中で | トップページ | 粘土作品 »