2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ごめんなさい」の大安売り | トップページ | すごい本が出た! »

申請、却下!

来年度、ちょびのいるさくら学級に新一年生の自閉ちゃんが入ってくるので、情緒障害学級の新設を申請した。

もう一人ちょびの同級生も普通級からさくらに入ってくるので、総勢6名。とてもとても今の担任一人では不可能

でもね、却下されちゃったんです。なんでも来年度の特殊学級新設の申請が4校から同時に出たらしくて、財政難を理由に、新設が許されたのは一校のみ。

さて、どうする、来年度。

現在ちょび一人に振り回されている担任のⅠ先生が、新入生の自閉ちゃんと、ちょびより遅れの大きい2年生がそろった学級で、いったい何ができるのだろう。落ち着いている上級生3人は、またまた今年度以上に放っておかれること間違いない。

市の教育委員会もの先生も「本当に申し訳ない。次年度はどうにかしますから、辛抱してください」と頭を下げる。

補助の先生が今より増えることを願って。

せっかくちょびの学習が(リタリンのおかげもあって)波に乗ってきたのに、ひじょ~に残念。

子どもの学習環境を保障する以上に、いったい他に何が大切でお金を使っているのだ!!

« 「ごめんなさい」の大安売り | トップページ | すごい本が出た! »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

>ちゅうママさま

ねぇ~、予算、って言われちゃうとぐぐっと言葉に詰まっちゃう。
挙句の果て学校は「そんなに心配ならお母さんがお手伝いして下さい」と平気で言うしね。

モデル校って、やっぱり力入れてるわけだから、何とかなるんでしょうか?でもそこにいっぺんにかたまるって言うのも、いかがなもの?

やっぱり自然にありのままの罹患率(爆)通りに、各学校にちらばって、それぞれがきちんと対応してくれるのが一番いいのですが。

生まれた場所や偶然の環境によって発達が左右されるのって、やっぱりイカンですよね。

残念でしたねぇ。
4校申し込んで1校だけですか…。
なにかあるとすぐ予算、予算って言われるんですよね。

友人のお子さんが通っている中学校が「支援モデル校」に指定されて
急に新入生が一クラス分(40人)増えたそうです。
通級の申し込みは5人程度なのに何故?と話題になりましたが
人数として申請しなくても モデル校ならなんとかなるのではないかとの様子見の生徒が多かったようです。

本当は各学校に受け入れるシステムがあるべきなんですよね。

あ”~~っ!新聞に赤丸つけておいたのに、その番組見るの忘れた!
内容、また教えてね♪次回ランチのときにでも。

ホント、冗談ヌキで学校側にカウントされているように感じる今日この頃。一年生の間では、Ⅰ先生と私が夫婦だと思っている子がいるそうです(大爆)。いつもちょびをはさんで二人でいるからな~(笑)。

今日の 夕方のニュースみましたか?
うたの通う学校の先生も 登場してました。

発達障害にたいする支援が始まったばかりのこの国では
まだ こういうことが起きてしまうのですね^^;

不可能という字の大きさに大変さが伝わります。
学校側の 人員体制の中に めめちゃん 1 ってカウントされてると
思うのは 私だけ^^;;;

わ~♪くめくめ。さんだ。いらっしゃいませ。
いつもブログ読んでます。のぞいてくださってありがとうございます。

どうしても見た目に「がんばってます」と成果のわかるところにお金をかけたいお役所の気持ち、ありますよね。

特殊学級だけじゃなく、普通級の軽度発達障害の子たちに手をかけるということが、いかに将来の社会全体のために大切か、もっと国や自治体によくわかってほしいです。

非行、ひきこもり、いじめ、ニート…。みんなが楽しく働いて納税者になれる社会をめざして。

いらん道路ほじくってる場合じゃないっての!!

本当に、
目に見える設備投資が優先、(エレベーターやスロープ)
目には見えにくい教育は後回しになることって多いです。
それももちろん大切なことなんだけど
なんか、くやしぃーのよね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/8897108

この記事へのトラックバック一覧です: 申請、却下!:

« 「ごめんなさい」の大安売り | トップページ | すごい本が出た! »