2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 過敏性 | トップページ | 学校とは? »

図書館通い

最近、日が長いので、学校が終わってからの時間を、ヘルパーさんとたくさん過ごせるようになった。

今まで雨さえ降っていなければ、自転車で公園まで行って外遊び、というパターンだったけど、今日は自転車で図書館までGO!というプランにチャレンジしてみた。

ちなみにわが家は坂の一番てっぺんにあり、どこへ行くにも「行きはよいよい、帰りは地獄」だ。

図書館までの道のりも、歩くと大人の足でも15~20分くらい。しかもアップダウンがけっこう激しく、私は絶対車でしか行かない(きっぱり)。

そこまでの天下の公道を、ちょびの16インチのへろへろ自転車がたどり着けるのか?!

ちなみにヘルパーけいこちゃんも、わが家の自転車に乗って後を追ってもらった(走って追いかけるのは、あまりにもコク)。ということは、ちょびが途中で音を上げても、だれもちょびの自転車を運んでくれないのだぞ。そう何度も何度も意思確認をして、「ちょび、自転車で図書館まで、行ける!」と宣言するので、信用してみることにした。

いつものように元気に出発。なんかあったらすぐに携帯に連絡が入ることになっている。

けいこちゃんが付いているから、安心しておまかせ。

一人の時間を堪能し、あと20分くらいで帰ってくるかな~?と思った矢先、携帯がなった。

「ママ~。ちょび、つかれちゃったから、くるまでかえりたい~」

「今どこにいるの?」

ここ」←自閉症児のおやくそく?

「だからどこ?!」

愛知県!」←今ちょびは、日本の地理がマイブーム。

…けいこちゃんが笑いながらかわった。「図書館で~す。つかれて家まで帰れないと言ってますが~。5時に迎えに来てもらえますか?」

…ふっ。やっぱりな。無理だと思ったさ…。

そして15分がたち、そろそろ車を出そうかと思っていたらまた携帯が…。

「ママ~、ちゃんと自転車乗ってかえるね~」

けいこちゃんの話だと、途中までこいだら勢いがついたようで、このまま行けると思ったらしい。

そして汗だくでご帰宅。地獄の上り坂も、ちゃんとこいで上がってきたらしい。

交差点や、止まれの場所では、ちゃんと止まる。車が来たらすぐにはじに自転車を寄せる。そういったことが、ちゃんと身に付いているとのけいこちゃんのご報告。

ご苦労様でした!けいこちゃん、本当にありがとうね。私一人じゃこんな冒険させることできなかったと思う。

ちょび~。ちゃんとできるじゃん。これを何度も練習すれば、そのうち一人だけで図書館まで自転車で行って、好きな本を借りてこれるよ。

こうして少しずつ、生きていくスキルを身につけていけたら、いいよね。

« 過敏性 | トップページ | 学校とは? »

2年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

>ゆりっぺさん
>かうすさん

いらっしゃいませ~♪
ヘルパーさんの利用について。私は過去ログを読んでいただければわかるとおり「人にたよる」ことがたいへんニガテで、なんでも自分でやらなくちゃ気が済まない人間でした。でもこういう子たちの子育てに関しては「いかにたくさんの経験をさせるか」がモノを言うという事実に気づきました。

これからもずっと母親がついて回れる人生じゃないんですよね~。

上手に人の力を借りると同時に、地域にどんどん出て知ってほしい。親の力だけじゃ、やっぱり限界があります。

どんなときに使うか…は、体力的に親では無理なこと(爆)は若いヘルパーさんにお願いします。うちの場合、自転車の練習と公園あそびです。ヘルパーさんがいなかったら、自転車に乗れるようにならなかったんじゃないかな?

それからスイミングがお休みの週には、男性ヘルパーをお願いして、市のプールに連れていってもらいます。チケットを買うことから、着がえ、荷物の管理など、男子ロッカーで見てもらえます。(母親じゃ無理ですね)

外遊びは下校後1時間半、週一回。プールやお出かけ支援は、長期休暇に2~3度という感じです。

デイサービスやショートステイは今のところ使っていませんが、春夏冬の長期休みにはいつでも預けられるように、登録はしてあります。どの程度の頻度がいいかは…その家庭の事情や、お子さんの状態などで違うと思うので何とも言えませんが、家庭でできること、お預かりしていただいてできること、それぞれ利点があると思うので、ご家庭の考えで決めたらいいと思います。

お子さんが楽しそうなら、毎日預けても悪くないと思うし(罪悪感を感じる必要はないと思う)、つらそうなら家でゆっくりさせてあげることも必要かもしれないし。

うちは常に喜んでいるように見える子なので、10円ハゲができるまでストレスに気づかなかったことがあります(!)。家で退屈そうにしているように見えても、それが必要な場合もあるんですよね。ご注意を!

 めめさん、こんにちは。うちも今日、ヘルパーの登録をしにいき、昨日は夏休みのショートステイの申し込みをしてきました。今まで利用してないので、『人の手を借りる』という事に私が不安に思ってたりします。きっと本人は、楽しむでしょうけど。(^_^;)
 
 ゆりっぺさんの質問にもあったように、皆さん、どういうときに預けるのかな?というのと、「毎日、どこかに預けている」方もいるらしいのです。

 私は『他人に委ねる』事に自分と子供を馴れさす事と、兄弟と私の時間を持ちたいのが主な理由なので、『毎日、預ける』と聞くと、ちょっとネガティブな解釈になるのですが、「子供と離れたいのかな~?」と思ってしまったり、「母子間に影響ないのかな~?」とか考えてしまったり・・・(*_*;(私が子離れできてないのかも・・・)

 今日の施設の方も感じがいいし、男性が来てくれるらしいので、私ではできない事を体験させてくれそうで、サービス利用には前向きで、楽しみにはなりました。なんか子供にとっても、プラスになりそうですし(^^)
 なんだか話がそれましたが、めめさんは定期的に使うなら、どれ位の頻度の利用がいいと思いますか?

はじめまして。ウォーリーさんのとこからリンクしてきました。
わたしは名古屋市郊外に住む、3歳の自閉症の長男ともうすぐ1歳になる娘のママです。
まだまだいろんなことが手探り状態の毎日です。

突然なんですが、めめさんに質問があります。ヘルパーさんはどんなとき・どんなことを頼んだり、良い面・助かることなど教えていただきたいです。

>snowちゃん

ふふっ♪ついつい「自転車で行こう」の映画が頭をよぎってしまうよね。あんな風に地域から温かい目で見守られながら、自転車で走り回る自閉さんになってほしいと思っています。

24インチといっても、サドルがすっごく低くなるタイプで、ちょびの足がしっかりとつくんだ。私はそれでも心配で22インチでいい~と言ったんだけど、自転車屋のおやぢさまが「この子はすぐ大きくなるで、もったいないから24インチ買や~」とすすめてくれました。ドキドキ

おぉ~ 16インチから一気に24インチとは
すごっ!

自転車が安全にこげると 世界がぐーーんと広がりますものね!!
梅雨があけたら うたも本格的にトライク練習 始動です。
サイクリング~サイクリング~ヤッホぉーヤッホぉー♪

ってこないだりぃが自転車こぎながら 歌っていたわー 黄色の20インチのチャリンコ こぎながら(爆)

>ちゅうママさま

そうなの、自信ついたみたい。実はもう10日もしたら誕生日で、「24インチのかっちょいい黄色い自転車」(ちょびさまのリクエストどおり)が届くことになっております。

だから親も子も必死です(爆)。宝の持ちぐされだけはすまいと。(パパがすごい高い自転車買って、クモの巣かかってます…怒)

トライク、お高いですよね。私も自分用にアシスト付きのやつ、ほしいよ~

>「今どこにいるの?」
>「ここ」←自閉症児のおやくそく?
ぶわっはっは~、やっぱり言います?
これはやっぱりお約束♪ですかね。

我が家のちびちゅも自転車に乗れますが
私自身が自転車ヘタッピ族なので、一緒には走れません。
だから、自転車指導係りは夫の仕事。
(トライク買ってくれないケチ夫め!)

坂道を頑張って登ったちょび君、きっと自信がついたと思いますよぉ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/10608199

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館通い:

« 過敏性 | トップページ | 学校とは? »