2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ツバメ | トップページ | るる10歳 »

興奮抑制

ちょびの現在の(そしておそらくこれからもずっと)課題は「自己コントロール」だ。

自分の気持ちを自分でコントロールできるようになれば、本人はとても楽になるはず。

そして周りの人たちも、支援しやすくなるはず。

ひいては「みんなに好かれる自閉さん」への道。

そんなわけで、いかに気持ちをコントロールするか、というのに常日ごろから思いをはせているはずの私であるが、それが裏目に出たのだろうか…。最近どうもちょびの様子がかんばしくない。

「できたよね?」「ぼく、できてるよね?」と反復確認癖、大サクレツ。

行動療法的に、よい行いをしたちょびには最上のほめ言葉とスキンシップをおしみなくしてきたつもりだが、その反対に「ダメ」なときにはそれを評価しなかった。メリハリをつけているつもりだったのだ。

でもそれが続くと、ちょびはうまくいかなくなりそうなときに、パニックになり始めた。○でほめられる経験を積んだ結果、○にならなければ!という強迫観念が生まれてしまったのかもしれない。

それが勝ち負けのあるゲームにもつながり、負けそうになると表情が変わる。「勝ちたい!」というよりも「負ける恐怖」の顔だ。

あげく、負けるとパニックになり、勝った子に飛びかかってしまったりする…。

あんなにおとなしくておだやかだったちょびは、いずこへ…?

っていうか、今でも勝ち負け、できたできない、がからまなければ、本当に穏やかないい子なのだ。勝ち負けスイッチが入ると、人格が変わっちゃうのね。

思えば、私は失敗やダメ出しの場合でも「ここはよかったね」といい部分をもっとほめねばならなかったのだろう。失敗しても安心。次はがんばろうね。という気持ちにつなげなければならないのだから。でもちょびってば、ほめると有頂天になって、「でもここはがんばろう」まで入らなくなっちゃうんだよな~。

今日、杉さまの母のみの経過報告診察で、最近の荒れっぷりを相談したら、「おやおや、それは困りましたねぇ~」と考えこんで、「リタリン、ちょっとお休みしましょう」とのこと。リタリンはもともと「過敏性の強い子には向かない」と使用をしぶっていた杉さまなのだ。次回はちょびさまご同伴の診察となった。おそらく本人に穏やかにお話ししてくださるはず。

とにかく、今私にできることはなんだろう?ちょびを育てていると、いつもそのことを考えさせられる。

しばらく穏やかに、のんびりと、すごさせてあげなくちゃ。メリハリのついた育児を、という私の信念が、ぐらぐらと揺らいでいる。厳しすぎたのかなぁ…(泣)。

« ツバメ | トップページ | るる10歳 »

2年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

>ちゅうママさま

いつもありがとうございます。

けっこう私の周りの高機能さんたちのママはゆるめの方が多くて、そのせいか、お子さんがけっこう穏やかなのです。

ちょびみたいなパニッカーは、静かなやさしい声で穏やかに接した方がいいんだと思うんですけど、もとのキャラがこうですから…。地声の大きさは、だれにも負けない(自爆)。その声でメリハリつけると、やっぱ自分でも「こわいかも?」と思いますです(悲泣)。

本当に試行錯誤のくり返しですね。子育てに「正解」はないと思うのですが、悪い状態のわが子をみるとどうしても「…やっぱ環境よね?」と自分を責めてしまいます。

とりあえず、穏やかな静かな声で(私には最難関)、メリハリをつける努力は続けていきたいです。

>私の信念が、ぐらぐらと揺らいでいる。厳しすぎたのかなぁ…(泣)。
いやいや~、そんなことはないでしょう。
「自己コントロール」が難しいのがこの子達の持ち味だし
ハッキリわかりやすく繰り返していくしかないでしょう。

でも、ゆるくしてみようと思うなら それもまたいいかもしれないし…
結局のところ子供は育ってみないとわからないから
その時、その時、良いと思ったやり方でいいんじゃないかなぁー。
(と、自分で自分を励ましています)

私も本当に悩みながらアレコレやっています。

>ターナンさま

8:15にスタンバって2番か~…。実は私、9時の予約で9:15受け付け、終わったのが9:35ごろでした!ちょび抜きだったのでのんびりしていたけど、思いの外早くすんじゃってアレレって感じ。
きっとターナンさんとすれちがいくらいね。

うちは確実に「母=コワイ」ですわよ~っ!でも一番コワイけど一番大好きなんだって…(嬉涙)。一応愛情は伝わっている…と信じましょ♪

来年度から正会員。おまちしてま~す。

うちも今日、診察だったんですよ!!朝8:15から機械の前でスタンバってました!(でも、『3ケ月経ったので、受付で保険証の確認します』というメッセージが流れて、並びなおし。結果は2番でした。。。くやしい!)

>しばらく穏やかに、のんびりと、すごさせてあげなくちゃ。メリハリのついた育児を、という私の信念が、ぐらぐらと揺らいでいる。厳しすぎたのかなぁ…(泣)

私も最近、よくこんな感じで悩みます。幼児期は身辺自立が中心だったし、信念を持って突っ走ってきたけれど、自我が芽生えてきたり、彼の心の動きが複雑になってきたりすると・・・・・・ふと「私って厳しすぎる?」と悩む時があります。

私は愛情たっぷりの厳しさのつもりだけれど、彼がそこまで理解できるかどうか?「母=イジワル!」なんて思ったらどうしよう。。。。とか悩みます。
また、褒めるのも難しいな~と感じています。本当に心から褒めないと、口先だけのものは見破られるし、逆に自尊心を傷つけかねないし。。。。どんな育児でも難しいと思うけど、自閉の育児ってもう一つ悩みますよね。

私はいつもめめさんの育児方針や、頑張りにとても共感しています。
私もこの先悩みは尽きないと思いますが、愛情があるからこその悩みですから、これは仕方ないのかなぁ~なんて思ってます。育児の簡単な自閉ちゃんって聞いたこと無いし。。。(^_^;)

うちは今年、進路を決めなくてはいけないので悩みそうです。来年は晴れて正規会員の仲間入りなので、またお会いできるかもしれないですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/10451122

この記事へのトラックバック一覧です: 興奮抑制:

« ツバメ | トップページ | るる10歳 »