2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 無事、帰宅 | トップページ | むずかしいおしごと »

私のおしごと(その2)

今日は、「高機能広汎性発達障害児保護者懇談会」というゴッツイ名前の集まりの聞き手を頼まれ、となり町の保健センターに行って来ました。

若干小学校2年生の子の母親が、何をアドバイスできるワケでもないんですが、年だけはとってますし(自爆)、診断が早かったこともあり肝はすわっているので、こんな人選なんでしょう…。

今日お集まりいただいたのは10名程度。だいたいお子さんの年令は3~5歳くらいが多く、みなさんおのずと就学に関心が集まる。

そんな中、私とともにやはり聞き手に人選されていた方は、中3の男の子のお母さんで、なんと小1から中1まで特殊学級にいて、中2から普通級に移ったというびっくりの経緯をお持ち。

特殊学級でちゃんと学年相当のお勉強を、しっかりと個別で見ていただいたおかげだと思いますが、そういった例もあるんですね。いや~、聞きごたえありました。

私がアドバイスできたことは、普通級、特殊学級、と迷った場合には、学習障害があるか否かが大きなポイントになるということ。自閉という社会性のハンディを持ったその上に「読み、書き、計算」どこかに弱さがあると、普通級では自尊心を保ちにくいと思う。「読み書き計算」が学年相当にできるのならば「ちょっと変なやつ」でやっていけるけど、社会性のハンディの上に学習のハンディもあっては、本人はかなりつらいと思う。そういう場合は特殊学級を考えた方がいい、というのが私の持論。

小さいころから診断される例が増え、高機能でも特殊学級を考える人が増えたように思う。

こういう「知的には遅れがない」けれど、弱さを持っている子たちのためのシステムが、一日でも早く確立して、どこの自治体でも格差なく自分にあった教育が受けられるように訴え続けていくこと。それが今の私のお仕事なのかな、と思う。

« 無事、帰宅 | トップページ | むずかしいおしごと »

ちょびのおかげで「こんにちは」」カテゴリの記事

コメント

めめさん、お疲れさまでした。

私のところでは2週間前が高機能部懇談会でした~。
そして今日は全体の懇談会♪
行くたびに元気がもらえます。

こういう活動ってどんどん広がって行くといいなと思います。

>さえすけ父さま
>まいさま
>パックンさま

ちょ、ちょっと~、みなさんのコメント読んで冷や汗がでてきました~。
なんかかっこよく書きすぎたかしら~(自爆)。

自分の時のこと考えても、実際に親の立場の「こうしたからよかった~」とか「こうして失敗だったわよ~」という体験談に勝るものはないですよね。実際経験してみないとわからない、というのが本音。

先日も、うちのちょびよりも利発なアスペタイプのお子さんが、昆虫好きで図鑑から「交尾」という言葉にとりつかれ、よく内容もわからないまま覚えたままをしゃべる、行動に移す(!)というお悩みをお持ちのお母様にお話を聞き、「どうしたら…?」と言われて「う~ん…」とうなってしまいました。(とりあえず「おうち以外では話さない」というルールを決めたらどうか?と苦肉の策ですが、これもうちは経験がないから難しいです)

お子さんによって、様々な悩みがあり、聞き手と言ってもこちらの方がとても勉強させていただきました。

>「好き嫌いが少なく、人に出来る限り平等になれる人」「普段は穏やかキャラの人」「話し上手ではなく聞き上手」「ここ一発で深い発言が出来る人」

パックンさん、この条件…私、冷や汗ものです~。これ読んで高笑いしてる私の知人が、いるかも~。

こんにちは
お仕事お疲れ様でした。

私がこんなことを言える立場ではないのですが、
この仕事、めめさんにとても向いているなぁと思って熟読させていただきました。

「適材適所」と言う言葉がありますが、
まさにそれだと思います。
お子様もですが、親御さんのタイプも本当に様々です。
しょうがいと言う枠がある以上、必ずその中で組織が出来上がり、
こんな言い方イヤだけど、上下関係も出来上がります。
めめさんのような方が、こういった立場に立たれると、
この集まりに参加された方たちは、沢山収穫があると思います。
めめさん、記事にするってことは・・結構充実してないですか?
大変だとは思うけど、みんなが出来る業務ではないですよね、これって。

めめさんとは、しっかりお会いした経験は殆どありませんし、
めめさんの持っているキャラとかを、知り尽くしていると言うことはありませんが、
保護者間で、このような立場に立つのにピッタリと思う条件をそろえているのは、めめさんだなぁ。
ちなみにその条件と言うのは、
「好き嫌いが少なく、人に出来る限り平等になれる人」「普段は穏やかキャラの人」「話し上手ではなく聞き上手」「ここ一発で深い発言が出来る人」

ピッタリじゃないのかなぁ?どうなんだろ?・・って勝手に言ってる私は無責任♪
いいお仕事だなぁ。私には絶対出来ない。
是非うちの近所にも来てね(無理か

こんにちは。

懇談会、私ももし近くにそういった会があったら是非参加したかったです。
学校側のご意見ももちろんだけど、やはり親御さんの生の声って
本当に聞きたいけどなかなかそういう機会に恵まれません。

めめさんのお仕事、本当にかっこいいと思います。
めめさんのご意見も大変勉強になります。

これからもよろしくお願いします。

めめさん おつかれさまでした。

長い名前の懇談会ですね(^^)
こういった懇談会が当たり前に行われるようになっていいですね。
めめさんのおしごと、かっこいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/10788249

この記事へのトラックバック一覧です: 私のおしごと(その2):

« 無事、帰宅 | トップページ | むずかしいおしごと »