2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ドキドキがうれしい♪ | トップページ | お兄ちゃんのモンク »

自閉っ子、自立への道を探る

Jiritsu う~ん、おみごとっ!

この本を読んだ感想が、まずこれ。

自閉症って、こんな風に感じてるのね。こんな風に考えちゃうのね。こんな風につらかったのね。

そういったことは、花風社の今までの本で、さんざん読んで学んで驚愕してきたつもり。でも、「へぇ~」で済ませちゃってはいなかったか?

自閉っ子たちの勘違いや暴走や妄想を、どうしてあげたらよいのだろう。

この本はその上手な導き方を、服巻智子先生が、おだやかに、やさしく、でもきっぱりと教えてくれる。

「自閉っ子、こんな風にできてますっ」でも、花風社の浅見社長が絶妙なツッコミや解説を入れていて感心したけれど、トモコ先生は自閉症支援のプロ、元教員、そしてごくごく一般的な非自閉者の代表として、この社会における森羅万象の解説と、適切なアドバイスと共感をよせてくれる。

トモコ先生は、NHKにもよくご出演されているのでご存知の方も多いだろうが、実に澄んだやさしい声で、聞いている方は癒される。私も名古屋の講演会でトモコ先生のお話をうかがったことがあるが、本当に聞き心地のよい声だ。自閉っ子たちは大声やラテン系のノリが苦手な方が多いので、トモコ先生は自閉っ子支援のプロであるのは、まさに天職と言ってもいいと思う。

私は、正真正銘、天性のラテン系…。ちょびは幸い聴覚過敏がないのだが、このでかい声とさわがしい性格で、ちょびをおびえさせているのだろうな、というのは想像に難くない。

ちょびも、あのトモコ先生の穏やかなやさしい声で、日々の暮らしのあれこれを、びしっときっぱり理屈の通った解説をしていただけたなら、きっと落ち着いていくのだろうなぁ。

明石洋子さんも声のやさしい方だしなぁ。(ちなみにトモコ先生は、学生時代に明石徹行さんの家庭教師をしていた)

そういえば私がのどを痛めて声が出せなかったとき、ちょびはとても落ち着いていた(自爆)。

ごめんよ、こんなラテン系の母で。

それはそうと、ちょびがごはんを食べるのになんでこんなに時間がかかるのか、この本を読んで、またまた再認識。

ちょびは、かむ力が弱いため、食べている間に疲れてしまうのであった。

疲れて、食べるのをあきらめてしまうのだ。

つまり、食べやすいものなら、けっこうたくさん食べることができる。

食事も、食べやすさを考えてやらなくちゃいけないのかなぁ…。

そんなことを考えながら、ちょびがオトナになったとき(私がいなくなったとき)、自閉っ子への支援システムがしっかりと全国に根付いてくれていることを願わずにはいられない。

« ドキドキがうれしい♪ | トップページ | お兄ちゃんのモンク »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

>たあさん

うちのちょびも、氷ばりぼり一年中食べてるよ~っ!

だからかむ瞬発力(?)には問題はないのかもしれないけれど、「かみ続ける」ことが困難なのではないかと思っています。

「短距離」は得意でも「持久走」はニガテって感じでしょうか。

疲れやすいっていうのも、「怠け」「わがまま」って思っちゃうけど、筋力が弱いのは見ててわかるから、姿勢保持だけでも相当疲れるんだろうな~っていうのは、本当に理解できました。

ナゾがナゾをよぶ、自閉っ子。おもしろいぞ!

ぬあぬあぬあなあんですと~?
うちの子はやっぱり食べるのが遅いんだけど、
氷とか平気でバリボリ音だしてかじってるんだけど、
どうなんだろ~~~?
これは買って読んでみないと^^

>くめくめさま

ええ、ええ、ぜひ読んでくださいませっ。

こういった切り口の本って、他にないですもんね。あくまでも花風社さん、笑い飛ばしてくださるので、きっとご本人も親ごさんも一緒に笑っちゃえると思います。まぢめな支援者さんの中には「いいのか?笑ってて…?」と思う人もいるかもしれないけれど、いいの、笑って。

ご本人に向かって「そういうところが本当に自閉的ですよね~」ってしばしみんなで大笑いっていう場面、大好きです。

「自閉っ子、自立への道を探る」このお題にも
相当惹かれるものが合ったんですが
それにもましてめめさんの文章力で興味爆発!
是非とも読ませてもらいたいっていう気にさせられちゃった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/11811869

この記事へのトラックバック一覧です: 自閉っ子、自立への道を探る:

« ドキドキがうれしい♪ | トップページ | お兄ちゃんのモンク »