2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウォーリー、アスペの会に乱入 | トップページ | すくすくサポートあいちっ子 »

知多地域の就労状況と幼児期にできること

うずうずするようなこのタイトル。

今日は知多地域障害者就業・生活支援センター「ワーク」の就労コーディネーター丹下靖さんのお話を聞きに行ってきた。

丹下さんはsnowちゃんのブログにもよく登場する、この地域の宝のようなおぢさんだ。

幼児期であろうと、学齢期であろうと、めざすものは一つ。

ちゃんと仕事(役割)のある生活、

自分の好きなところで、好きな人と自立した生活、

自分の楽しむ時間と空間のある生活。

残念ながら、これを確実にすぐ手に入れるための絶対の特効薬っていうのは、ないんです。

でもね、時間はかかるけど、ちゃんと方法はあるよ。

自分のパンツは自分で選ぶ、ちゃんと寝て、食べて、出して、当たり前の生活をしよう。

子どもの個性を受け入れよう

具体的な人生設計をちゃんと思い描いて、書きとめよう。

地域という家庭の中で、人脈という家族をたくさん作ろう

そしていつでも覚えておいてね。仕事のことで困ったときにはワークに電話♪

丹下さん、ありがとう。すごく元気が出ました。

ちょびにどんな仕事ができるのか、まだ具体的に思い描けないでいるけれど、今までの私の生き方は間違っていないよね。

世間知らずでここまで育った私。今は、この社会にいったいどんなお仕事があるのか、どんな形の生活スタイルがあるのか、お勉強する必要があると気づきました。

夏休みには、いろいろなところに出かけ、遊び感覚でお仕事体験をさせていただけるような、そういう経験をさせていけたらいいよね。

わっしょい!やアスペエルデの会でも、どんどんあちこち見学に行きたいね。

まずは知ることから。具体的にイメージができないと選択できないもんね♪

お仕事、楽しみになってきたよ。

働かざるモノ、食うべからず!どんなに重い障害があっても、その人にできる何かが、きっとあるはず!

« ウォーリー、アスペの会に乱入 | トップページ | すくすくサポートあいちっ子 »

ちょびのおかげで「こんにちは」」カテゴリの記事

コメント

本当に当たり前のことを当たり前にたんたんとやっていくことがこんなにしんどい社会があっていいのかと怒りながら、怠け者の私はただニコニコしながらやれることやっていきますね。
本当は自分さえよければいい奴なんですが、そんなことも言ってられないこの国は本当にどこへ行ってしまうのだろうと小さな胸を痛めている?今日この頃です。
なんて真面目に言うのも気がひけますが、めめさんはじめ小学校までの今が本当に子どもにとってもお母さんにとっても一番大切な時期です。しんどいことほど、仲間と楽しく真剣に取組んでもらえる環境や風土を創っていくことが私たちの仕事ということになるのでしょうか。
何かありましたら、0562-34-6669 ワーク までご連絡ください。
よいお年を

>しすやげんたさま

わ~い♪snowちゃんのブログでもご本人登場があったから、ひょっとしたら…?と楽しみにしていました(笑)。

「療育が専門家からのアドバイスで行うものではなく、お母さんのものになるといいな」っていうのが丹下さんのスタイルをすべて表してますね。

情報にふり回されることなく、ただただシンプルでていねいな子育てを。

私はそうとらえてます。今の時代、けっこう難しいことだったりしますけど(笑)。

ちなみにうちのパパりんは昔「パンツを履かない」選択をしていたことがあります。寝るときだけね。履くか履かないかは…自由だ~~っ!

>snowちゃん 

飲み会、さっそく企画ね!

小代くんから、ここのこと知りました。本当に好意的に受け止めていただけることうれしく思います。ただ言っている人が人だけに話半分くらいで、参考程度に留めておいてください。(???)
(障がいのあるお子さんの)子育て(療育)が専門家からアドバイス受けて行うものではなく、お母さんのものになるといいなって思います。

めめさま
タンスから順番に取るのも、りっぱな洗濯?いや選択でございます。ちなみにパンツは履きたくないという選択をする人もありますので、その場合はどうしましょうね。

SNOWさま
いとしなどと書いていただき、ほめていただいたり、好意的に受け止めていただけることで、僕などは調子に乗ってしまいます。ありがと。どうぞお子さんもお父さんも周囲の人も、そんな感じで育ち合えたらいいですね。

今後ともよろしくお願いします。

おぉ~ いとしの丹下氏(笑)

>当たり前の生活をしよう。子どもの個性を受け入れよう。
>具体的な人生設計をちゃんと思い描いて、書きとめよう。
>地域という家庭の中で、人脈という家族をたくさん作ろう

本当に見落としてしまうほど 当たり前のことなんだけど 障がいという部分にすっぽり覆われて見失ってしまうのよね~

よぉーし 飲むぞぉ!!

>さえすけ母

くたびれたパンツ…(笑)。肌アタリがいいのでしょうね~。慣れてるし。
うちは全部がら物ですが、たんすの前からきっちり順番に取ってますね~。これも選ぶにはいるんでしょうか。

そろそろ飲みに行こうね♪

私も行きたかったんだ、そのセミナー。詳しく聞きたいなあ。
具体的な人生設計か・・・、まずはおいしい食事と楽しいお酒で
みんなで話してみましょうか。
ちなみに、さえすけはパンツ自分で選んでるけど、
新品選ばずにくたびれたのばっか選ぶのよね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/12319948

この記事へのトラックバック一覧です: 知多地域の就労状況と幼児期にできること:

« ウォーリー、アスペの会に乱入 | トップページ | すくすくサポートあいちっ子 »