2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« るるの分析 | トップページ | さらば、VAIOくん »

身辺自立

Shinpen ちょびが一番今困っているのは、自己コントロールできない不器用さからくる問題がほとんどだ。

そのために、やりたいことを思ったようにできないし、できないと気持ちが不安定になって焦りとくやしさでパニック。そして悪い結果が出て、自己嫌悪…。という魔のサイクル。

Dekiru 「自分の身の回りのことが、自分でうまくできない悲しさ」「自分の気持ちが自分で抑えきれない不自由さ」はいかばかりだろうか。

「自分でできる」が増えると、自由と自信と笑顔が増える!

10月からちょびはこの本のプログラムを実践している療育機関に通っている。

ここのプログラムは、偏食指導をはじめとして、ある専門家に言わせれば厳しすぎるのかもしれない。フラッシュバックのことを考えれば、賛否両論だろうと思う。

でも「自分」をコントロールできなくて苦しんでいるちょびを見ると、ほんの少しのあとおしで「できるようになる」のに、指導する私も本人も冷静にコトを進めることができなくて、あえなく撃沈、という場合が多いのだ。

そのもうあと一歩を、母親ではなく、療育の場で第三者がものすごく冷静やってくれるのは、本当にありがたいことだと思う。

運動を通して、自分の体と心をコントロールできるようになること。ひいては「とりあえずできる」から一歩進んで、「周囲にも気を配ることができる」までのワンランク上の身辺自立。

今まで、ちょびが自分の意志とは関係なくへろへろ動いてしまう、不随意運動がとてもとても気になっていた。その不随意運動は、感情の高ぶりとともに始まり、その動きによって、さらに興奮をあおる、という悪循環になる。

まず、自分の動きを止めてみようね。

止まれたら、今度はカウントにあわせて動いてみようね。

できるまでは厳しいけど、できたら思いっきりほめるよ。

自分の体と心をコントロールしながら、人の期待にこたえる動きを作っていく。

やっと自分が自分のものになったような、自信がつくよ。

いつも一番怖いのはママだったのに、ちょびはN先生のことを「ママより怖い!」と言い切った。そのN先生は「ちょびくんは教えたことを一生懸命やろうとする、素直で健気な子」とほめてくれた。ちょびもN先生のところに行くのを、とても楽しみにしている。もうちょびは「なんでもかんでもほめておだてる」のはウソだと見ぬく。うまくできないことは自分が一番敏感なのだから。怖い人に苦労してほめられる達成感(?)を味わっているようだ。

「この世に、怖いものがないことほど、怖いことはない」

パパも学校の先生も引き受けてくれなかった嫌われ役を、買ってでてくれたK先生に感謝。

« るるの分析 | トップページ | さらば、VAIOくん »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

>momoママさま

確かに「やさしい」のと「甘やかし」は違いますよね~。
メリハリがほしいところです。

うちの学校の担任も絶対おこらない。言って聞かせるタイプ。ちょびはなめきっています。パパりんも同じタイプなので、どうしても「ここはシメねば!」という気持ちになる私が、きつい役まわりとなります。

子どもって、人を見ます。「この人はわがまま言っても大丈夫」と見ぬく能力はたいしたもんだと思います。どんなにやさしい人でも、いざとなったら「この人はゆずってくれない」と思わせるのはそう難しいことではないと思うのですけどね。

やさしいけど、大切なことは譲らない。そんな人が家族以外にちょびの周りに増えてくれるとうれしいんだけど。

自分の気持ちが自分で抑えきれない、好きでもない事に集中できない、momoも日々パニックで、きぃーっ!となって大泣きしてます。親も時として、同じように、きぃーっ!となってしまいます。先日、療育の先生と意見の食い違いで言い合いになってしまいました。私はきびしい家庭に育ったので、人に迷惑かけるとか、行儀作法はきびしくされて育ったせいか、何度言っても、同じ過ちを繰り返されると、きつい口調で叱ります。それを、療育の先生に「障害があるんですから、無理強いや、きつい口調はやめてください。」と言われたのです。いつもきついわけではないのですが、、、。パパは逆にどんなわがままも受け入れて、あまり叱りません。言い聞かせはしてるようですが、娘もなめるような感じで聞いちゃいませんし、私には言わないようなわがままを炸裂させてます。
最近、保育園で、momoは病気だから出来ないのぉ~と泣いて、嫌な事から免れようとすると、仲良しの男の子が教えてくれました。障害があるからなんでも許されると思われたら大変だと、私は思っているのですが、パパと意見が食い違いっぱなしで、前途多難です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/12489771

この記事へのトラックバック一覧です: 身辺自立:

« るるの分析 | トップページ | さらば、VAIOくん »