2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リンコさんが来る! | トップページ | 身辺自立 »

るるの分析

わが家のお兄ちゃん、るるは4年生だ。

4年生といえば「10歳の壁」まっさかり。

自分は仲間の中のどのカテゴリーに属するのだろう?

あの子はどうしてあーで、この子はどうしてこーなんだろう?

自分や仲間たちの「違い」がとても気になり出すお年ごろ。

さて、るるは今までも書いてきたとおり、アスペとADHDのフレイバーがぷんぷん漂う子だ。しかし決定的に違うのは、社会性がバツグンに優秀で、友だちづきあいが本当に上手な子なのだ。今年度も前期の学級委員をやっていた。あちこちに気を配り、クラスをまとめる力はダントツだとの先生のおすみ付き。

しかもこの子は、わが子ながら、とても洞察力がするどい。

そんなるるの周りには、なぜだか知らないけど、ちょっとフレイバーの漂うお友だちがたくさん寄ってくる。診断のついている子もいれば、親も周囲も全く気づいていないけど、ひょっとして?と思える子まで。

例えば最近一番仲良しなKくん。そしてご近所で1年生からずっと仲良しのNくん。るるは二人のことがとっても大好きで、一緒にいるのがとても楽しいという。

しかし、この二人が困ったことに実はとっても仲が悪いのだ。

るるは悩んだ。なんで僕はKくんともNくんとも仲良くできるのに、KくんとNくんは仲良くできないの?

そしてなにか猛然と紙に書きはじめた。

「仲について」

人間にはぼくのようにだれとでもなかよくできるタイプの人がいる(これを○とする)

特定の人としかなかよくできなかったり、ちょっとしたことで怒り出すKくんやNくんのようなマイペースな人がいる(これを□とする)

ちょびのような、自分はぼ~っとしてるけど、誘えば一緒に遊べるタイプの人もいる(これを△とする)

□→←○→←△  ○は□とも△とも仲良くできる

□→ × ←□   □同志は仲良くできないことが多い

△→←△       △同志は仲良くできる

□→?←△     □と△はいいときと悪いときがある(□はしつこい)

「さくら学級の子は△タイプが多いね。Tくん(学習が遅れている同級生)も△だからさくら学級だったらのんびりできるのにね~」

「でもさくらのMくん(アスペ)は□タイプだよね」

びっくりした~!これって、そのまんま「受動型」「積極奇異型」に当てはまるじゃない!

しかもこう言うのだ。

「Kくんは『ねぇねぇ聞いて!』ってすぐにたたいて来るんだ。そうするとNくんは乱暴されたと思って『いて~な!』ってけんかになる。でも僕はKくんは本当に話を聞いてほしかっただけなんだってわかるから、『話を聞くからたたかないで』って言うよ。Nくんには『今のは痛くしようと思ってたたいたんじゃないんだよ。話を聞いてほしかったんだよ』って説明できるよ」

…ん~~。君はすごい。ぜひ第二の杉さまを目指してほしいものだ。

でもね、どうしてその洞察力と思いやりを家庭にも持ちこんでくれないかな。

「るるはKくんやNくんみんなと仲良くできるのに、ちょびには(さほど)やさしくできないよねぇ?」と聞いてみた。

「…だって、きょうだいだからさっ」

…ん~~~。外で気を使ってる分、ちょびには気が回らないか~。それともきょうだいはケンカするもんって思ってるのだろうか。

親が人の子どもには冷静に接して、自分の子だと熱くなりすぎちゃうのと同じかなぁ。

こうやってバランスを取ってるのかもしれないね。

« リンコさんが来る! | トップページ | 身辺自立 »

わがやのお兄ちゃん」カテゴリの記事

コメント

>ぱっぱさま

はじめまして。書きこみありがとうございます♪

るると話してると、この子はどこまでわかってるのだろう?とか、子どもだということを忘れてついつい深い話をしてしまって「はっ」と思ったり、ということが多いです。男の子ということもあって、私が甘えている部分もあるかも(パパより頼りにしている部分アリ…笑)。あんまり負担かけないようにしなくちゃな~とも思います。

でも、まだひとりで寝るのが怖いあまえんぼうのるるです♪

>ちゅうママさま

そうそう、小学生だと、生活のタイムスケジュールはほとんど同じなので、きょうだい一緒にいることが多いですよね。

お兄ちゃんはそろそろ自分の社交界(?)ができつつあるので、もう少ししたらかかわる時間も減ってくるかな。そうすると少しはよくなるかな。

ま、普通のきょうだいでもケンカばっかりだよ~ってよく聞くので、障害のあるなしにかかわらず、相性ってあるんでしょうね。

はじめまして!いつも見させてもらってます。
あまりにるるくんのレポートがすごいので書かずにはおれませんでした!!
読みながら、「うんうん」「そうそう」とうなずく私(笑)

自分で分析できた るる君はエライ♪

>そんなるるの周りには、なぜだか知らないけど、ちょっとフレイバーの漂うお友だちがたくさん寄ってくる。診断のついている子もいれば、親も周囲も全く気づいていなけど、ひょっとして?と思える子まで。

はい、そのとおりです(爆)
長男の周りにも多いから「こういうのって いっぱいいるじゃん」な感覚です。

でもやっぱり兄弟には出来ない…12歳も違うのに。
目に入った瞬間に「おいっ!」って大声が出てしまう衝動性は家では抑えられないのかなぁ?
るる君は歳が近いだけに関わる時間が多いんだろうね。

>I母ちゃん

でしょでしょ?ヒットでしょ?私もびっくり仰天でしたよ~。
るるに「ねぇ、このネタ、きらぐるに書いていい?」
と聞いたら
「え~(ニヤニヤ)、いいよぉ~」とうれしそうでした。

ちゃんと原稿もチェックされたよ(爆)。

ヒット~!!お兄ちゃん、貴方は偉いっ!
絶対なれますとも…第二の杉様(^^;
「青部分」早速我が家のポスターに作らせて戴きまっす…これは深いですゾ~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/12416379

この記事へのトラックバック一覧です: るるの分析:

« リンコさんが来る! | トップページ | 身辺自立 »