2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もの知らず | トップページ | るる、お熱 »

校長、手強し!!

ちょびの小学校の校長先生、ちょっとクセのある人だ。

表面的にはニコニコして、いいおっちゃん風なのだが、そこはそれ、百戦錬磨の管理職なので、ちょっと込み入った話になるとすっと冷たい役人顔に豹変する。

なにしろ、ちょびの就学時に夫婦そろってちょびを連れて行った折に、ソファにきちんと座って冷たい麦茶を「おいしいねぇ」とおりこうさんに飲んでいるちょびの目前で、「自閉症なら養護学校では?…」と言い放った人。「うちにあるのは『精薄クラス』のみです」と堂々と言い切った人。精神薄弱という言葉は差別的であるということで、現在では知的しょうがいと呼ぶんだけどね~。ご存じなかったみたい。とにかく、一昔前の古~い障害者差別をお持ちであるとしか、思えない人。(←もちろん教育委員会に一言ご報告はしたさ)

今まで何度となく、ちょびの在籍するさくら学級の環境改善、担任の先生のフォロー、普通級の教員への理解などを訴えてきたが、その話になったと見るや「閉店ガラガラ」と心のシャッターを閉めてしまう。

私が、日本語が通じない、と思う数少ない人の一人だ。

そんな校長先生だが、今回のテレビ放送を担任から聞き、ちゃんと録画して見てくれたらしい。ありがたいことだわ!

今日は学校公開日だったので、校長とも顔を合わせた。

「いやぁ、めめさん、見ましたよ、あのテレビ。ちょびくん、かわいく映ってたね~」

いえ、そこを見てほしいんじゃなくて、発達障害とか、ウォーリーがやってたような出前授業に、興味は…?

私はがんばった。宇宙人でもあのテレビを見た後なら、ちょっとは話が通じるだろう。

「あれに出ていたウォーリーはともだちなので、呼ぼうと思えば呼べますが、実は私があのような授業をこの学校でもやらせていただきたいと…」

と言ったとたん、横にいたちょびを「こちょこちょ~~」とくすぐり始めた。(ちなみにちょびは校長先生のこちょこちょが大嫌いだ)

あ、またシャッター下ろしやがった。

横にいた担任も、とほほ、な顔で笑っている。

なんだかんだと理由をつけて、さっさとその場から退場した校長。冷たい秋風がひゅるる~~と吹き付ける。

担任「あの…、ぼくからも、校長に言ってみますから…」

私「はい、負けません。がんばります」

でもきっと、ああいった取り組みがうちの小学校でできるようになるのは、校長が定年を迎える、再来年以降だろうね~。

宇宙人の校長!恐るべし!

« もの知らず | トップページ | るる、お熱 »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

>ちゅうママさま

ちびちゅくんの校長先生も、タヌキさまですか~。

「寝てる子を起こしたくない」という発言もしたことがあって、つまり、子どもは自然に障害についてわかっていくから、わざわざつついて刺激することはない、ということらしいです。

その上、親も足並みがそろわないんだよ~うちの学校は。一人っ子さんだったりすると、もう普通の子どもたちやお母さんたちとはいっさいかかわらず、とにかく毎日学校さえ行っていればいい、とかね。わかってもらわなくても、別にいい、とかね。

おなじさくら学級に、あと一人でも、同じ気持ちを持ったお母さんがいてくれたら、といつでも思う。一人じゃ、本当に、むなしいっすよ…。

でも、ひとりでも、やるぞ。

オチビの学校の校長もタヌキです。
福祉に強い人という触れ込みで来たんですけどねぇ。

ニコニコと話は聞くんですよ、でもそれだけ
用意した発達障害講習会のプリントも配らない人ですから~。

負けるもんかぁ~~~!!!

>たあさん

うん、本当に学校のトップがあんなんだと、いくら現場の先生に気持ちがあっても、うまく動けないんですわ~。反発すれば、たたかれるでしょうしね。担任との合言葉は「あと一年我慢しましょう」です(爆)。

>友芽さま

お父さまのことはまた別として、50代~60代あたりのおじさん、おばさんって、道徳的にどうよ?という人、多い気がします。各種の差別も、若い人たちよりも顕著だったり。育った時代がそれで当たり前だったのでしょうね。

>くめくめ。さま

あ、頭の中でシャッター校長のイラスト描いたでしょ?閉めるスピード、めっちゃ早いっすよ!あのおっさんのどこにそんな機敏性が!?

ご遠慮せずに、すべての話題にコメントつけてくださいませね~♪最近ネタが多くて、書かずにいられないのでございます。

>かぼちゃ。さま

シャッター校長ね~今年で5年目~。あと一年で退職なので、来年度変わる見込みはゼロ~。ちょびが入学する時に、絶対どっか行くだろう、と思ってたのに、ず~っといるの(泣)。きっとどこからも「いらない」と言われたんでしょ~ね~。年度初めのご挨拶は、PTAもいる前で「残念ながら今年度も嫌われ者の私は残っております」と必ず毎年言いますよ。周りの先生方も、苦笑いです。

>ウォーリー

うん、助けてね。まず足元固めないと、私も外で何も言えないよ。今度は市の民生委員さん向けに勉強会を頼まれています。それよりもまずちょびの学校が~!!と地団太を踏んでいます。

こういう場合、校長をあえて通さない、ゲリラライブも、ありかなぁ?

めげずに、あきらめずに伝えていきましょう!
ウォーリーも、心の底から応援してます!

誰にも必要なことだからこそ、大事にしていきたいですね。

あ~昔の上司を思い出します。いました、いました。オカミ向いている嫌な学校長。げげげ~。

管理職の異動って、こちらでは2~3年に一度と決まっているのですが、シャッター校長は何年目なんでしょうかねぇ?ちょびくんの学校が一年目ならもう定年はそこと決まったようなものですが、異動の可能性ないですかねぇ?もうこの時期じゃ来年度の管理職人事は内定しているでしょうが。

まぁほとんどの管理職は、特別支援教育に関わる内容について素人ですね。だから余計にガードが固くなるのかな。うちの教頭先生は養免も持っていて、よき理解者なのですが、今年度で3年目。来春さようなら~になります。くすん。

まぁそのシャッター校長には、戦略が必要ですね。うむうむ。

校長の画像が頭の中を(妄想中)
≧∇≦ブハハハハハ
シャッター下ろしてるぅぅーー
すっかりキャラクター化しちゃってる。

しばらくぶりに覗きにきたら
兄弟関係に麗しいお姿のTV出演、
歯医者さんで天然な感じの旦那様?小田さんの歌にと
盛りだくさんすぎっ!
もうどこにコメントしていいやら状態。(笑)

シャッターですか・・・。
ふと、あることを思い出しました。関係なかったらすみません。
3つのお話を書かせてください。

①電車に乗るために並んでいると、電車が来たら、順番を守らずに乗ったのが、孫がいそうなおじさんでした。何も言えずににらむだけの私でした。

②私の父は昔から優しいですが、自閉症3才の息子のパニックが手に負えません。自閉は認めているのですが、戦おうとしないんです。母のような柔軟さがなく、頑固なんです。

③最近、校長先生の自殺が増えてますよね。戦わず、死に逃げてしまうのですね。私も心の病で死の願望があるので、批判はしませんが。

年齢を重ねることで、多かれ少なかれ、ずうずうしく、頑固になるのかななんて、思っていました。昔と今では自閉症に対する考え方も違いますしね。私も戦っていかなきゃな!父のおやじぶりを見てると、戦う気も失せますが(ーー;)

うわ~っ、そいつは手強いですね・・・
そのシャッターって怖いくらいに頑丈なんですよね(-_-;)
うちの教頭と校長はまだ頭が柔らかくてよかった・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/12721513

この記事へのトラックバック一覧です: 校長、手強し!!:

« もの知らず | トップページ | るる、お熱 »