2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サンタさんって… | トップページ | 忘れてくれない… »

親子活動

うちの学校では、毎年、学年ごとにPTA主催で「親子活動」がある。

今日はちょび君たち2年生の親子活動の日。

ちょっと気が重い私(笑)。ああ、普通級にいる発達障害児のお母さんの気持ちがよくわかるわ~。

今日のプログラムは「親子でミニ運動会」。上手にできるかな~?

最初の種目は、親子二人三脚→手押し車→ボールをおなかではさんで走る→おんぶでゴールというプログラム。

二人三脚は、縛った足を見るだけで「こんな風じゃ、走れないよぉぉ」と涙目になるので(笑)、走る順番が来るずいぶん前から、縛った足を見ず、前を向かせてずっと足踏み状態(爆)。おかげで「しばられている」という感覚もなく、自然に歩く(走ることまで望まないよ)ことができた。

手押し車は、事前に担任の先生が心配して練習をしてくださったらしいのだが「2メートルできるかどうか…、もうあとはごまかしてください(笑)」状態だったので、どうなることやらと思ったが、ちょびはがんばった。ゆっくりだけど、一度もつぶれずに、端から端まで、ちゃんとできたんだよ。

調子に乗った私は、ボールはさみやおんぶは力技で(爆)ぶっちぎり。

♪上手にできたねぇぇ♪

ところが、次の競技は、大縄跳び。

……そりゃ、あかんわ。

ちょび様、自慢じゃないけど、いまだに自分で回す縄さえ飛べないのよ。

「ママが抱っこして、一緒に飛ぼうよ」とちょびに言うと、前半の競技で妙に自信がついてしまったらしいちょび、「ひとりでとぶ」ときっぱり宣言。

そうか!えらいぞ!よし!やってみれ!と力強く送り出すが、あえなく縄にぶつかり撃沈

大衆の前で失敗したちょび、パニックの大泣き…。

それ以降、どんなに誘ってもみんなの中に入れず、大好きなはずのじゃんけん列車も参加せずに、ずっと体育館のすみで母子ふたり、ぼぉぉっと見ていたのでした…。

「ひとりでとぶ」宣言を大切にしすぎ、ちょっとだけスケベ心(できちゃったりするかも)をもってしまった母のミスであ~る。さりげなく後ろから抱っこしてでも成功させちゃえばよかったのかも。

でも、ちょび27.5キロ。さりげなく後ろから抱っこできるほど、もう軽くないのですわ。

今日は、二人三脚と手押し車ができたから、花丸だよ、ね。

« サンタさんって… | トップページ | 忘れてくれない… »

2年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

>しゅしゅさま

ああ、ここにも縄跳びで苦労した母が一人…(笑)。

そうそう!最適な時期ってあるよねって私も思います。体ができて、認知ができて、やる気がおきて、自信がついて…そのときやってみたら、すんなりできたりする。

ある程度やってみて「まだ時期じゃない」と思ったら、私はけっこうあっさりと引き下がります(笑)。それだけに「もっと早くからあきらめずに頑張ってきたら、今頃できてたかも~」なこともあるけれど、親が壊れて、親子関係にひびが入るよりは、遅くても「いずれ時期が来たら」でいいと思うな~。

こうしてちょびのペースにあわせられるのも、特殊学級に入れたからだと思う。普通級だったらめっちゃ無理させてただろうな…(笑)

うちも縄跳びは、全くダメで1回も飛べなかったの。さすがに1~2年のころは家でもちょっとは練習した。縄跳びをまんなかで切ってみたり、ひじを縛ってみたり、もち手の重いのに換えてみたり、、、しかし、親の忍耐を超えるので、出来なくても学校以外では困らんし、、、と、練習をあきらめた。
んが、4年のとき、「やれば出来る!」のとても熱心な先生に出会った。発達障害の子にとっては、色々とはた迷惑な先生だったのですが、他の子達が朝から晩まで練習する中で、なんと、いきなり70回も飛べるようになりました!
体の使い方とかの成長で、最適な時期があるのかもしれません。
気長に焦らず、が、一番~難しいんですが、のんびり、ですね。
と自分に言い聞かせつつ、、、(^^)

>ちゅうママさま

縄跳び…やっぱり?難しいんでしょうねぇ、この子たちには。

そう、まず縄を回す指導です。どうやっても後ろ向きに回しちゃうちょびさま。そして手首を使わず、肩からブン回してしまうちょびさま。

「縄を持つ」「ひじは体につける」「手首を使って前に回す」「同じ位置で一定のテンポで飛ぶ」「しかも縄を超える」

ああ、なんてたくさんの課題をいっぺんに…。

回して、止めて、よいしょっと飛び越えて…ですよね、やっぱりまずは。

ドアノブを回しながら、ドアを押したり引いたりすることさえ、ちゃんと教えないとできなかった子ですから…。

ドアは開けられないと困るけど、縄跳び飛べなくても、ぜんぜん平気だよね~。とちょびに話したら、「そうだよねっ」とうれしそうでした…。

お疲れさまでしたー。
学年活動でしたか。気が重いのわかります。

兄ちゃんズの時はそういう感じの活動ありました。
今は手話教室や室内楽などの学年特別授業を親と一緒に見る活動中心です。
親子競技に来られない母続出で学校側が考えを変えたようで、私は助かっています。
親子のふれあい重視の方には不評のようですが…。

>二人三脚は…縛った足を見ず、前を向かせてずっと足踏み状態
なるほどぉー、これならできるかも。見ちゃうとそこに集中しちゃうんですよね。

なわとびはダメです。
2年生の冬休みに大特訓したけど未だに10回飛ぶのがやっとこ。
縄を回す所から引っかかってしまうんですよ。
回して止めて飛び越えて、の段階なので縄跳びやっているように見えないです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/13042291

この記事へのトラックバック一覧です: 親子活動:

« サンタさんって… | トップページ | 忘れてくれない… »