2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最高環境と最適環境 | トップページ | モーツァルトとクジラ »

自分を鎮める方法

ちょびは不安になったり、恐怖心を抱いたりすると、それがすぐ不吉な言葉になって出てくる。そして不要な体の動きが出て、顔と肩に力が入ってしまう。

そのことによって、ますます緊張が生まれ、不安が高まっていく…という魔のスパイラルだ。

さて、こうなったとき、どうするか?

これがちょび一番の課題である。

今まではとにかく

「落ち着いて」

「肩の力を抜いて」

「深呼吸して」

と声をかけていた。

落ち着きたいちょびと、落ち着かせたい周りの大人たち。

目指すものは同じなのに、ちょびの体と心はますますおかしな方向へと暴走していく。

通っている療育施設で、N先生がこんなちょびを見て

「あ、できない人に変身した」と言う。

できるはずのこともできない人への変身。

そして焦って変な声と動きで大騒ぎして、坂道を転げ落ちるようになにもかもができなくなっていくちょびに

「だまって、これを見る」

と静かに告げる。

そこには砂時計。

2分間。

ちょびは静かに正座して、砂時計をじっと見ていた。

動くものはもともと大好きなちょびである。

さらさら、さらさら、絶え間なく落ちていく砂を見て、ちょびはす~っと落ち着いていった。

なるほどね…。まず声と動きを止めてみる。

手軽に持ち運べる砂時計なら、ちょびも自分で使いこなせるようになるだろう。

Photo_1Digital_3 さっそくここで、うちにも買いました。

デジタルもあるよ♪

« 最高環境と最適環境 | トップページ | モーツァルトとクジラ »

療育」カテゴリの記事

コメント

>たあさん

~ちょびくんは静だから~

そうなの?そうなのかぃ?

ちょっと前までは「うん、ちょびは静だなっ」と断言できたけど
もっと「静」な子をたくさん見てきて、う~ん、ちょびは静とは言い切れないなぁ、と若干戸惑い気味。

静な子は、パニックも固まり系が多いけど、
ちょびはその点、堂々と動だ!(シャレかっ)

たのむからパニック時には固まってちょうだい!
不安を口に出さないで!
妙な暴れ方しないで!

でもこれって完全に「恥ずかしいから」という親の都合コミですね…。
それから私自身が、(ちょびにかかわらず)泣き声に異常に過敏だということに最近ようやく気づきました…。

私自身の問題もありなのかもです~
杉様に「聴覚過敏」用の投薬してもらうべきは、私のほう~?

まだまだ私は突き抜けてないなぁ。
私も砂時計を見つめる時間を持とうと思います…。

でもこうやってグッズ探すの、本当に楽しいの♪(通販好き)

砂時計か~
動の大ちゃんには効果があるのかちょっと興味がわきました
家にある砂時計で今度試してみよう
ちょびくんは静だから
うちはもっと大きく動くものもいいかも^^
なんか探すの楽しいね

>ちゅうママさま

もちろんこれ、ちゅうママさんのブログで知った「いま何度」です!
レインボーメイカーも、さっそくチェックしてきました(笑)。
ちゅうママさんの情報は、いつもとても助かります♪ありがとう。

あれからすぐデジタルのは買ったの。
でもやっぱり、デジタルだと普通のタイマーと同じ反応でした。
つまり、ぴぴっとなることに強迫的になっちゃうのね。
本を読むのを切り上げるときなんかだと使えるけど、落ち着かせるためにはちょっと向かなかったかな。

砂時計ならさらさら~~っと音もなくなくなっていくので、するする~~っと落ち着いたみたい。もう、そりゃ本当に憑き物が落ちたように(爆)。

コンパクトで学校やどこにでも持ち運べて、落ち着きたいときにさっと出せる。自分で管理できる点もいいかも、と思います。

音のない世界は、内言語(ワーキングメモリー)を向上させるのにいいそうです♪


>まず声と動きを止めてみる。
あ、そうか。落ち着かせようとかける言葉は逆効果…。


ちびちゅも砂時計好きです。デジタルも愛用していますよ。
ただ数字の変化が刺激になってしまうかな?<ちびちゅの興奮時
数字を見ると読み上げずにいられない子なので(爆)

最近のヒットはボーネルンドのレインボーメーカーです。
我が家ではミニ(25センチ)を買いました。
雨の音?波の音?を出す楽器ですがキラキラ好きにはたまりませんよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/13489667

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を鎮める方法:

« 最高環境と最適環境 | トップページ | モーツァルトとクジラ »