2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やれやれ… | トップページ | 恋のチカラ »

ちょび、学問を語る

お久しぶりです。なんだか夏休み明けから、すっかり更新を怠っていたので、もう誰も読んでくれないかも…(泣)と思いつつ。

読書の秋…でございます。

ちょび、ますます読書にのめりこむようになりました。

と言うのも、わが家のお兄ちゃんが中学お受験を来年に控え、そろそろ受験モードになったため、それまでリビングにあふれかえっていたコミック本、際限なくやっていたゲーム、食事以外は見放題だったテレビが、どんどん減っていき、今では、「なくて当たり前」なまでにきれいさっぱりと撤収されたのでありました。

こう書くと、「まぁっ!めめさんったら、教育ママねっ!子供がかわいそう!」と思われるかもしれないけど、実はゲーム封印も、テレビ規制も、コミック本撤収も、すべてお兄ちゃんが自分で決めたこと。

「じゃまだから」

だそうです…。おかげさまで私のお宝コミックも、こっそり隠して、目につかなくしてあります。

その代わりと言っちゃなんですが、リビングの本棚には、びっしりと「ドラえもん学習マンガシリーズ」(中学受験で著名な日能研監修…爆)やら、「まんが日本の歴史」やら「ちびまるこちゃん国語シリーズ」がならんでいて、暇があればそれを読んでいるちょびなわけです。

マンガはマンガでも、学習マンガはえらく内容が濃いので、覚えるほど読んでしまったちょびとの会話が最近おもしろい。

「ねぇ、ママ。オゾンホールができてちきゅうおんだんかでさぁ、なんきょくのこおりがとけちゃって、ペンギンがのっかるこおりがなくなっちゃうよねぇ。ずっとおよいでなくちゃいけないのかなぁ。かわいそうだねぇ、ペンギン…」

「にんげんって、あたまでものをかんがえるのかなぁ、こころでかんがえるのかなぁ?どっちなんだろうって、いつもちょびかんがえるんだ」

へいあんじだいはきぞくのじだいなんだよ。おさむらいさん(武士?)がかまくらばくふをひらいたんだよ」

「うちゅうには、ブラックホールとホワイトホールっていうのがあるんだ。ブラックホールはなにもかもすいこんじゃうの。ホワイトホールははんたいにふきだすんだよ。ちきゅうはだいじょうぶなのだろうかねぇ」

ひぃぃ!

ホワイトホールにいたっては、私も知らなかったことで、あわててネットで調べて本当にそういった概念があることを知ったてな具合。

字さえすらすらと書けない知的にも少し遅れのあると思われるちょびだったけど、やっぱりただモノじゃないんだなぁ。

お兄ちゃんが暗記している横で聞き覚えた消化酵素をスラスラ唱えたり、

門前の小僧、習わぬ経を読む

とは、まさにこのことか。

とにかく、障害のあるちょびにとっては本が読めるという宝のような能力を、これからもずっとずっと、楽しくみがいていってほしいと、心から思う秋の夜であります。

口頭諮問のみの受験ってのがあったら、そのへんの三流私立中学なら、ちょび、受かるかもな(爆)。

« やれやれ… | トップページ | 恋のチカラ »

3年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

>かぼちゃ。さま

ありがとぉぉ~!ここにも更新を待ってくれていた人が!
サボってはいかん、と決意を新たにしております。

でも公共のブログには書きづらいことも多くなってきて(笑)、そういうことはウラのほうで、こそっと…(爆)。

かぼちゃ。さんもニキビに苦しんでいたんですか?私もアゴがひどくて、カラダがなにかを訴えているんだ!と食事に気をつけたりしておりますが、まぁ、これも更年期の前触れかと…(悲)。

でも、まだまだ一花咲かせるわよぉぉ♪(どの分野で?)

めめさん、ご無事で何より。青春のあかしのようなニキビ(吹き出物)がちょうど同時期に出来ておりまして、それなりに生きてはるんやなとは思ってました。

ちょびくんの開花。素晴らしい。知性あるおにいちゃんがいてくれるって、影響大ですねぇ。素質があったからこそでしょうけど、きっかけも大事♪

私はといえば、ヨハネの生活リズムを整えるために努力中なんですが、今夜容量オーバーになってしまい、爆発しちゃいました。それから時間がたっていないので、変なことを書いている危険性大なんですが、「ここの更新を待っていたんですよ」と伝えたくて入力しております。

>おいさん

うわ~~♪おいさん、心配してくれてたの、ありがとう(愛)。

本場、福岡の太宰府天満宮からの「気」、ありがたくお受けいたしましょう。「ぬぉぉぉぉぉ!!」(違?)

うちはまだ一年ありますので、ぴりぴりはしてませんが、来年の今頃はおそらく…(自爆)。

それよりも、まだちっちゃな子供だと思っていたお兄ちゃんが、自分で志望校を決め、さまざまな誘惑を断ち切り、自分から机に向かい、自分でわからないことを解決していく、その姿に、母、感動です。

この前までオムツつけてたのに…。と懐かしく思うのであります。

でもまだお風呂いっしょに入ってくれる、かわいいヤツ(照)。

ほんとですよ、めめさん!!更新してなかったから、もしかしてぶっ倒れてんじゃないかしら?って心配してたんですよ。

にぃちゃん受験モード☆素敵です。
まんがの教科書ってあなどれないんですよね。沁みこんでいく感じがします。

ちょびくんも素敵☆おいさんもホワイトホールなんか知らないし。。。><;
おいさんの友人の娘さんも中学受験控えてまして、ママりんピリピリムードのようです
福岡の太宰府天満宮より「気」おくっておきますね。

>ちゅうママさま

更新に気づいてくれて、すぐレスいただけるなんて!ありがとうございます♪(嬉)

東京にはそういった選択肢、たくさんあると思っていたよ~。私学たくさんありますもんね。こぢんまりとした少人数で先生の目が行き届くのんびりした学校がみつかると、いいですよね。やっぱり公立中学は、私たちの子には、かわいそうな気がする。

先日、小学校のおまつりがあって、去年までおなじさくら学級だった中一の子が遊びに来てくれました。あんなに明るくて、学校楽しそうだった子なのに、「学校つまんねぇ…」とすっかりブルーでした。もう一人の子は不登校になっちゃったと…(涙)。

特別支援級でもそうなんだから、普通級だともっと過酷なんでしょうね。

こちらの地方には通いやすいところに「のんびりほんわかこぢんまり」私立中学がないので、本当に残念です。あれば引っ越してでも考えるかも。

口頭諮問受験が条件だけど(爆)

口頭諮問のみの受験!あったらいいなぁ~。

ちびちゅも5年生なので、そろそろ中学に向けて考えることが多いです。
今、学区にある中学はとっても荒れていて、そのまま行かせるのは不安…。
でも、ふだんの板書きさえやっとこのちびちゅには無理させられないし~悩み多き秋です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/16779379

この記事へのトラックバック一覧です: ちょび、学問を語る:

« やれやれ… | トップページ | 恋のチカラ »