2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読み取る力 | トップページ | くるねこ其ノ弐 »

母の日

Mothers_day_004昨日は母の日。ちょびからプレゼント、もらったの~。

←かわいいママのお顔を描いたお花♪女の子の顔を描くのは、とってもめずらしい。これはアスペエルデの会の学習会で、作ってくれたもの。

Mothers_day_001 ←そしてこれは、ちょびの学級の担任の先生が、母の日当日の日曜日の朝、父親と子供たちを招集してくれて、パパとちょびが作ってくれたもの。

かわいい~~ん♪もったいなくて、はけない~。

実はこの日曜日のプレゼント製作会は、新しい担任の先生のまさに真骨頂。

「おとうさんもさくら学級に巻き込みたい!」と、今までどちらかというとアンタッチャブルだったそれぞれのご家庭の中に、T先生は飛び込んでいった。

お母さんたちの精神的疲労感を日々痛いほど感じている先生が、「これではいかん!」と立ち上がったのだ。

お母さんたちは学級懇談会にもぜんぜん集まらないくらい、疲れているし、社会から孤立した人が多い。中には子供の障害を認めない人、関心のないように見える人もいる。

でも、お父さんたちはなんと全員集まってくれたんだって。正直、これにはびっくりした。お父さんたちはみんな穏やかで普通の人だった(笑)、とはパパりんの感想。

日曜日の朝なのに、たった6人のさくら学級のために、校長先生と教頭先生も顔を出してくれたんだって。(校長先生は今年から変わりました~喜)

今年のさくら学級のパワーはすごい。学校中を巻き込んで、交流しやすいように全学年の時間割も調整してもらったり、手があいていれば音楽の先生も図工の先生も校務主任もも教務主任も、校長も教頭も、みんなさくらに来てもらう。

「だって、当然だよ。手がかかるからここにいる子たちでしょ?学校みんなで手をかけなくちゃ~」

T先生、本当にありがとう。

みんなでお母さんたちを助けてね。子供たちは、毎日お母さんの笑顔が見たいに決まってるんだから。お母さんが笑っていられるように、助けてね。

さくら学級の母、T先生。いつもありがとう。これからもどうぞよろしくお願いします。

« 読み取る力 | トップページ | くるねこ其ノ弐 »

4年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

いえいえ。
そりゃわが子ですもん。ちゃんと子どもを見て支援する先生がいいに決まってますよ!!


あたし自身がまだまだ下っぱですから大きなことは言えませぬが、まずは自分からo(^o^)o
頑張ります!!!

>ぱっぱさま

私もお友だちのはなしを聞いていると
特別支援学校って、体質が古いのか
普通の学校よりもへんに信念があるぶん
ハズれると、とことんハズれるみたいですね。(きゃ~、ぱっぱさんは現場の方なのに、失礼しました!)

でも、心ある先生が現場を一生懸命変えようとするのも見てきました。

きっと変わりますともっ。
ええ、変えてみせましょうよっ!(鼻息)

ぱっぱさんのようなお気持ちのある現場の方がどんどん増えますように。そしてその若々しい芽をつぶさないように、親としてできることをやっていきたいです。

思わずコメントしたくなりましたheart04
ちょびくんの担任の先生はとってもステキな先生ですねhappy02
「学校中を巻き込むこと」ってとっても力のいることだって思います。古い体質や考え方の中でステキな先生がつぶれていく姿を見てきましたannoyわたしは特別支援学校で働いていますがそんな学校ですらです。(グチになってしまいましたsweat02すいませんsweat02
わたしもT先生みたいに子どもたちに寄り添っていける人でいれるように頑張りマスsign03
これからちょびくんの1年がとっても楽しみですねflairわたしも楽しみにしてマスhappy02

>さえすけ母

まるで昨年までのさえすけ担任Y先生のように、学校中を巻き込むパワーをお持ちのT先生です(笑)。

特別支援学級が申し訳なさそうに学校のスミに押しやられてちゃいけないのよね!「親学級の迷惑になるから」なんて理由で交流に自由に行かせられなかったなんて…(遠い目)

担任がパワーのある人だと、学校も変わらざるを得ないって感じよ(笑)。

お父さんたちは、案外、子供にかかわりたくても方法がわからないだけ、だったりする。お母さんが髪振り乱して抱え込んでいて、手を貸したくても手が出せなるわけもなく…。

学級懇談会ではお母さんが集まらなくてがっかりしていたT先生だけど、かえってファイトが沸いたのかもね~!私もタッグを組んでがんばりますっ。

>ちゅうママさま

毎度です♪
本当にT先生、最高なのっっ!
ワクがだらだらだった昨年までは、学校でできないから家庭で!って家できゅうきゅうシメてた。正直私もちょびもつらかった。

でもT先生は「私が嫌われ役になるからね。ちょっと泣かせてでもやることはやらせるけど、いいよね?」って言ってくれた。だから私は家ではちょびにやさしくできるんだよ。

家庭に嫌われ役を押し付けることは、お母さんの精神を追い込むことだって、学校の先生は知っていてほしいなぁ。

タヌキ校長(ぶっ)が去り、とても話しやすい女性の校長先生になりました。去年まで何も通じなかった話が、すいすいと通っていきます。トップと担任が変わって、びっくりするほど状況が変わりました~♪

さえすけ母です

特別支援学級に目を向けることが
全校の子どもたちの成長にどれだけ
有益なものなのか、
ということがちゃんとわかる先生が
ちょびくんの学校にもどんどん増えているね。なんだかうれしいなあ~。

>お父さんたちはみんな穏やかで普通の人だ った(笑)、とはパパりんの感想。

これ、いいなあ。そうだよね~。

ママの顔、可愛く描けたねー。
スリッパもラブリーでいいなぁ。

T先生ってすごいわ、それに全員集まったお父さんたちもすごい!

きっと変わっていくね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/41180693

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日:

« 読み取る力 | トップページ | くるねこ其ノ弐 »