2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 重なるときには重なるもんで | トップページ | お招き »

せつないね

千葉県東金市の事件のこと。

容疑者は、特別支援学校の高等部を出ている「軽度知的障害」がある21歳の青年。

おだやかで、やさしくて、職場でもみんなにかわいがられていたという証言。

ちょびはそういう人を目指していたはずなんだけどなぁ…。

こういうことがあると、ちょびの周りの人たちは「ちょびくんは大丈夫かなぁ?」ってほんの少しだけでも考えてしまわないだろうか?

ましてや、ちょびのことをよく知りもしない人たちが、「あの子は障害のある子だから、かかわらないでおきましょう。何するかわからないもんね…」って思ってしまわないだろうか?

ものすごくものすごく、ちょびの将来が心配になった今回の事件。

何をどんな風に教えていったらいいのか、今一度よく考えてみる必要があるな。

« 重なるときには重なるもんで | トップページ | お招き »

めめのつぶやき(日記)」カテゴリの記事

コメント

>めめりん♪姐さん
>ちゅうママさま
>まんさなさま

こういうことが起こると、必ず出るのが
「そういう人間を外に出すな!」
という極論です。

どうやったらうまく共存できるか、ではなく、まず排除することを考えてしまいます。

どう支援したらこういうことが起こらなかったのかなぁって、考えてほしいよね。

私たちの一生の課題なのかもしれません。

ずいぶんご無沙汰していました。

ほんとに、せつないです。何もできないと分かっているのに、ニュースをみながら、どうすればいいんだろう~とため息をついています。

親の会のお友達ママとの話題にもなっていました。
胸がいたいです。

今週の月曜日に行った懇談会で話題になりました。

「学校や仕事に行けなくなった時の支援が大事
絶対に親1人で抱え込まないでね」
という話になりました。

あとはね、子どもの頃から本人が理解できるようなルールを繰り返し教えていくこと。
とくに異性間のトラブルは早めに矯正。

先輩お母さんからあったアドバイスはこんな感じでした。
やっぱり積み重ねていくしかないよね。

私もちびちゅとは手を繋がないようにしているの。
距離も離れるようにしています。

「こんな時、6年男子はどうするかな?」と
年齢相応の振る舞いを意識させるようにしています。

ちょっと寂しいけど、ね。

めめさん おはようございます。

 うちのとおちゃんも ひょっとして
 実行犯ではないんじゃないか。
 冤罪なんじゃないかって、
 毎日テレビチェックしています。

 ひょっとしたら、女の子の遺体を 
 拾っただけなんじゃないかって。

 痛ましい事、この上無い事件です。
 彼のお母さまは 大丈夫なんでしょうか。
 今までずっと頑張って来たんでしょうに。

 被害者の女の子のご冥福を祈りつつ、
 真犯人が早く見つかりますように。

 祈るしか、ないよね。

 で、事件があるたびに、我が家では
 ゆうたろうとも、法を守り、
 社会人として どう生きるべきか、
 こんこんと話し合います。

 理想の社会人とは?

 難しいですが、ゆうたろうには
 確実に自信が付きました。

 自分は正しい!&他人には寛容に!

 永遠の宿題です!

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/43358994

この記事へのトラックバック一覧です: せつないね:

« 重なるときには重なるもんで | トップページ | お招き »