2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ともみちゃんの結婚式 | トップページ | さわやか教育展 »

お兄ちゃん、第一志望に行きます

お受験が終わりました。

特殊な特殊な中学受験という状況。

なにも行く学校はちゃんと用意されているのに、わざわざそこを蹴ってまでして苦しい受験を選ぶ必要などないと思われる方もいらっしゃるでしょうが。

そこは各ご家庭の価値観、本人の希望、将来への展望など、いろいろあります。

「自閉症日記」とうたっているこのブログではありますが、最初で最後のお兄ちゃんの中学受験の総まとめを書いておこうと思います。興味のある方はどうぞ♪

まず、塾には通った方がいいでしょう。ご両親がよほどの情報通で、わが子に冷静に(ここ大事)学習を指導できる自信があるのなら無理にとは申しませんが、塾は子供のモチベーションをとても上手に保ってくれます。最新の情報もくれます。今大体どのレベルにいるのかがよくわかります。大手の塾は情報が多いし、小規模な塾は面倒見がいいでしょう。でもわたし的には「通いやすさ」が一番です。

通い始める時期としては3年生の2月(塾のカリキュラム上、2月で年度が変わるので)というのが一番手堅いですが、4年生までは学習の習慣づけの意味の通塾ですので、それまで毎日机に向かう習慣がしっかりついているお子さんであれば、国語と算数の基礎がためをしておけば5年生から(つまり4年生の2月から)でもじゅうぶんです。

5年生からは4科目しっかり始まりますが、国語と算数に大部分の力を注ぎましょう。理科、社会は、大げさに言えば6年生の冬からでも間に合います。もちろん5年生からの基礎(一度頭に入れておくという意味で)ができている上でのお話ですが。5年生の算数をおろそかにすると、あとあととても困ります。算数は取り戻すのがとても大変ですので、先手必勝でいきましょう。

逆に国語は、4年生5年生のうちは、漢検を受けたり読書に力を入れるのが一番です。とにかく文章を読むこと、書くことに慣れておく。これは6年生になってからではあきらかに遅いです。国語はセンスと言われますが、出口の論理エンジンなどを繰り返していれば、テクニックが身についてきます。(うちは間に合わんかったクチ)

ついでに言うと、春や秋に行われる各学校の説明会やオープンキャンパスは45年生のうちに行っておくのがいいでしょう。早めに志望校を絞っておくことは大切ですし、6年生になると忙しいので1~2校くらいが精一杯です。

6年になったら国語は早めに志望校の過去問に着手します。志望校の問題の傾向を見るのです。長文記述があるのか、内容要約があるのか、抜き出し問題ばかりなのか。書く練習、読む練習をつみましょう。他の三教科は6年の秋まで寝かせておいてください。

あちこちで開かれる公開模試には5年生くらいからがんがん参加します。スケジュールさえ許せば受けまくりましょう。時間配分やアウェーでの緊張感に慣れます。成績で一喜一憂するのではなく、その問題が後々宝物になるからです。特に「●●模試」と志望校の学校名のついた模試は必ず受けて、しっかりと問題と解説をゲットし、何度も何度も繰り返します。

6月の冬からは、志望校の過去問と、これらの模試の復習がメインです。とにかく「やるべきこと」を最小限に絞って、それを完璧にすることです。今までやったテキストと過去問と志望校模試の総復習です。これからは社会と理科の知識分野に力を注ぎます。うちの子は最後の2ヶ月で社会が腰が抜けるほど伸びました。記憶力だけはいいので本当に気持ち悪いほど覚えます。理科は学校にもよりますが、物理や化学(特に電気やてこ、水溶液の計算分野)にニガテを残さないように、5年生からの積み重ねが必要です。

うちの塾には「志望校別対策」が一切ありませんでした。先生の方針で過去問もあまりとりくまなかったので、その部分は私が家でしっかりと見ました。秋からは日曜日だけ別の塾の「志望校講座」にも行きました。そこでもらったプリントが最後の最後まで使った教材です。

「私立に行きたい」ではなく、「●●中学に入りたい」と思う子が、最後に強いと思います。あれもこれも、と手を広げすぎずに、志望校を絞っていれば、やるべきことが決まってきます。

過去問の分析や、模試のスケジュール、併願校の組み立てなどは親の仕事です。こういうことを「塾にお任せ」するようでは、おそらく失敗します。子供だけが勉強していればいいわけじゃなく、親もスキマ時間にすぐに問題が出せるくらい勉強していなければなりません。

こんな風に、中学受験は親と子の最後の共同作業です。もう中学に入ったらこんなに親密にかかわることもなくなるでしょう。

楽しんでくださいね!ぜひぜひ親も受験を楽しんで、一緒になって勉強してください。

私は生涯のなかで、おそらく今が一番偏差値高いです(爆)。文系だけですけどね。

でもお兄ちゃんが試験のたびに言う「あ~楽しかった!!」という言葉がなければ、ここまで続かなかっただろうな。楽しく、うれしく、おもしろく勉強することが一番大切。

« ともみちゃんの結婚式 | トップページ | さわやか教育展 »

わがやのお兄ちゃん」カテゴリの記事

コメント

>さえすけ姉ちゃん

NON STYLE風(爆)
太ももグーでたたいたでしょ?

響のライブ、母と行ったんだって?
いいなぁ、せんぱ~い♪っての見たかったなぁ。

私はバカリズムのR1のネタ(都道府県の持ち方)が最高にウケたよ。優勝逃したのは惜しかったなぁ!

あ~

うちには、ハードルが高すぎて意味がわからん

この、理解力のなさ
(NON STYLE風に)

>きみどりさま

あひょ~ん♪
ご訪問ありがとうございます。嬉しいです。

きみどりさんも胃に来るタイプなのですね。
そして察するに「絶対悩みなさそうだよね~♪」とか言われるタイプなのでは?(違ってたらとっても失礼!)

案外、見た目とっても明るくて元気なヒトって、とってもナイーブなんですよねぃ。

きみどりさんも、ファイターズ出戻りとか、なにかと気をもまれたんでしょう。お察しします。

でもとってもステキな里親さんが見つかって、本当によかったです。きみどりさんのお人柄だと思いますよ~♪

わけめ姫がずっとずっと気になっていたし♪

いつも応援しています。そして、いつも応援ありがとうにゃむ!(愛)

めめさん、ご無沙汰しています。

お受験、終わりましたか~。お疲れ様でした。そしておめでとうございます!

相変わらず、何にでも一生懸命、まっすぐにむきあって頑張っていらっしゃる様子、拝見しました。
ちょびくんの写真も見れたしね!

でも潰瘍はいかがですか?私も実はストレスが胃にくるタイプです。
頭や心では、まだ大丈夫なことでも、体は正直ですよ~。お大事にしてくださいね。

>1つ年上のママさま

ありがとうございます!
ここは発達障害ブログなのでおどろかれたと思いますが、こういう世界があったおかげで私はバランスが取れているんだと思います。

お兄ちゃんの世界も、ちょびの世界も、大切にしていきたいなぁと思います。

ちょびのおかげでお兄ちゃんが脳科学に興味を持ったということもありますし。

人生、何がプラスに働くか、わかりません♪

これからもよろしくお付き合い、お願いいたします。

>snowちゃま

ありがとう♪
今までいろいろとご迷惑をおかけしましたが、これからはちょびのほうに本腰を入れますので、またよろしくね♪

おめでとうございます。
mixiからお伺いしました。
不思議なほど、超個性派の集団でいて
それぞれに必ず居場所のある不思議な学校です。
色々と大変なこともありますが、T海ママの縦横繋がりも、思春期の息子を持つ母にはとてもありがたいですよ。
それでは♪また。

おめでとうsun

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/44040345

この記事へのトラックバック一覧です: お兄ちゃん、第一志望に行きます:

« ともみちゃんの結婚式 | トップページ | さわやか教育展 »