2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 福祉の中で生きること | トップページ | がんばろう日本! »

悪態のかわりに

私のかわいいかわいいちょびさまが…
最近ご立派な「悪態」をつくのです。

「ちっ、うっせーんだよ…」
とか
「んなこたぁわかってんだよ…」
とかいう小声での捨て台詞。

きゃぁあぁあぁあぁあぁ( ̄□ ̄;)!!

どこで覚えてきたのやら、誰のまねをしているのやら、もう本当に悲しくなってしまう。
(ちなみにうちのお兄ちゃんは意地悪は言うけど(;^_^A こういうべらんめぇ口調じゃないんです)

でね、私が悲しい顔をすると

「はっ、ごめんなさいっ。ママ、ごめんなさいっ、もう言わない、もう言わないからぁ~~」
って涙ぐんで謝るの。

わかってるんだよね、いけないこと。
自分でも止めたいんだよね、そういう態度。

でもイラっとなったらお口直通の人です。
衝動的にコトバになって出てしまう。
もうちょっと幼かったときは「ひぃいぃいぃ~」という悲しい悲鳴でしたが
それが男の子らしい悪態にバージョンアップ(?)したのかな。

でもあきらかに周りの評価にダイレクトダメージ絶大だ。

このくらいの年齢のいわゆるフツーの男子だと、仲間うちと目上の人、おふざけとマジモード、心の声とたてまえ、いろいろTPOで言葉遣いを使い分けるんでしょうが、ちょびはどんな場合にも直球のみ。

これじゃ、嫌われちゃうよ~(涙)
おばかでも不器用でもいいから、ニコニコかわいがられる人になってほしいと心から願っているのに。

今までは失敗した時、すぐに打ちひしがれるちょびは「てへ♪」「ま、いいか」とスルーするコトバを教えて使ってきたけど、もうすぐ中学生だし、いろんなことにイラっとする思春期にはなじまない。
自分で体を軽くパタパタたたく「タッピング」や深呼吸も練習してきた。

どうしても声が出てしまうのなら、悲鳴や悪態のかわりになるかっこいいコトバをみつけよう。

オトナの男性としての独り言としても成立し、いろんな事態に受け入れられやすいコトバ。
こんなのどうでしょう?本人ともよく話し合いました。

失敗した時には
「がんばったから、だいじょうぶ」

イラっとした時にはいったん飲み込んで
「(ごっくん)、だいじょうぶ♪」

これを家族みんなに見えるようにリビングの壁に貼りました。
そして学校の連絡帳にも書いて、先生と共有しました。

自分の気分は自分で変えられる。
それに気づくためのマジカルワードです。

そしたらね、今日のこと。
夕食の支度をしている私がちょいとお茶碗をひっくりかえしました。

「わぁ、やっちゃった、ごめんね~」

ちょびは言ったよ

「ママ、だいじょうぶ、だいじょうぶ♪」

あぁ、やっぱりこの子は本当にやさしいいい子なんだ。

衝動的に出てしまう悪態でこの子を誤解されないように、
ママは君のことを心から応援しているよ。

« 福祉の中で生きること | トップページ | がんばろう日本! »

6年生のちょび」カテゴリの記事

コメント

ウサギママさん

ウサギちゃん、まだ幼いんだもの。ネガティブな気持ち、気分を上手に言葉に表したり態度で示したりするのはまだまだこれからのスキルですよね。

一呼吸おく、というのは、案外親のほうに必要なスキルで(爆)、こどものちょっとした行動にすぐに反応しない!というのは本当に大切なことです(実感)

だから私も「(ごっくん)だいじょうぶ♪」を忘れないようにしています。

ウサギのママさん一家がどこにお住まいなのかわかりませんが
今回の地震で被災されていないことを祈ります。

被災地のみなさま、心より祈っています。

がんばれ!日本!!

ちょびくん優しい〜heart01heart01
ウサギも今はイライラすると物投げ、物食べ、泣き叫ぶなど…体調が悪いとひどくなるので、冬から春はこっちがブルーになっちゃうコトも多いです(ウサギの障害に気づく前は毎年ストレスで体が動かなくなり寝込む季節でしたweep)
気分を入れ換える言葉大切ですねheart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8156/51060056

この記事へのトラックバック一覧です: 悪態のかわりに:

« 福祉の中で生きること | トップページ | がんばろう日本! »